英会話初心者におすすめ!上達に効果的な4つの会話テクニック

100
English Training

英会話を始めようと考えている人の多くは、「英語での読解と文法は得意ですが、会話には自信がありません…」と思うかもしれません。会話に慣れていない人は、不安を感じるのは当然です。

実際、あなたが今知っている単語や文法の範囲内でさえ、あなたが話す方法に少し注意を払うだけで、あなたが他の人とコミュニケーションする方法を改善することができます。この記事では、初心者が少し注意して話すことで改善できる4つの会話テクニックを紹介します。

目次
1.相手にレベルを合わせるように頼む
2.言葉ではなく「文章」で話す
3.回答に「説明」と「質問」を追加します
4.目的、詳細、結論の流れに注意してください

99

1.相手にレベルを合わせるように頼む
英会話の初心者だけでなく、英語を話す人の英語をすべて聞くことは非常に困難です。もちろん、相手の英語が聞こえない場合もあります。その時はよくわからなくても「はい」と答えることがあります。

ただし、そのままにしておくと、相手が自分の言っていることを理解していると誤解し、誤解を招く恐れがあります。

しかし、英会話の初心者がいきなり上達し、すべてを聞くことができるようになるのは難しいです。そのため、「相手を自分の英語レベルに合わせる」方法を考案することをお勧めします。ベルリッツはこれを「レベルダウン」テクニックと呼んでいます。

(例)

・Could you say it again?  もう一度言っていただけませんか?
・Please speak more slowly? ゆっくり話していただけませんか?
・What does that mean?  それはどういう意味でしょうか?

このような表現を使うことで、自分が理解していないことや理解していないことを相手に伝えることができます。 「わからないと言うのは恥ずかしい」「相手に迷惑をかける」などの不安があるかもしれません。

しかし、特にビジネスの分野では、知らないうちにやると、後で相手にさらに迷惑をかける可能性があります。 そして何よりも、相手が理解していないことを示すことで、より安全にコミュニケーションをとることができます。

2.言葉ではなく「文章」で話す
あなたが英語を話し始めたばかりのとき、あなたは英語の単語を並べて話すことになるかもしれません。 もちろん、最初は単語のリストであっても、とにかくそれについて話すことは非常に重要です。

一方、将来の改善や「正確に伝える」ことを重視する場合は、言葉ではなく「文章」(全文で話す)で話すことをお勧めします。

例えば、「What do you do? (どのような仕事をしていますか?)」という質問に対し、「Marketing!」とだけ答えても伝わるかもしれませんが、「I work in marketing.」という文章で答えたほうが、相手にフォーマルな印象も与えますし、ミスコミュニケーションのリスクも避けられるでしょう。

また、将来、もっと複雑なことを相手に伝えたい場合でも、文章できちんと話す習慣を身につければ、もっと早く上達できるはずです。

3.回答に「説明」と「質問」を追加します
英会話では、質問に答えても会話を続けられない人や、何を言えばいいのかわからない人もいます。 これは特に初心者にとって問題になるかもしれません。

だからこそ、ご自身の回答に、「説明」と「質問」を加えることはおすすめの方法です。ベルリッツではこれをA++(エー・プラス・プラス:Answer, Add, Ask)と呼びます。

つまり、質問に答えたら(Answer)、説明を加え(Add)、相手に質問する(Ask)という流れを作るということです。

例えば、「How was the meeting?(会議はどうでしたか?)」という質問に対し、「It was hard.(大変でした)」という回答に加え、「I listened to a long presentation but it was difficult to understand.(長いプレゼンを聴いたのですが、とても難しかったです)」という説明と、「Are you good at presentations?(プレゼンは得意ですか?)」などの質問を加えるということです。

このようなフローを作成することで、英語でも自然に会話を広げることができ、追加部分に理由を述べることで論理的な話し方を身につけることもできます。

98
国際的なビジネスのためにコミュニケーションをとる日本人女性

4.目的、詳細、結論の流れに注意してください
最後に、「単語の代わりに」「2.話す」文の高度なバージョン。 英語では、正統的な発話スタイルとして「目的・詳細・結論」の流れがあるため、「結論を先に話す」と言われることもあります。 特にプレゼンテーションなどのビジネスの状況では、論理的なスピーチスタイルとしてよく使用されます。

(例)

主旨: I went shopping with my daughter. 私は娘と買い物に行きました
詳細: She bought a lot of clothes. 彼女はたくさんの服を買いました
結論: So I was basically her porter all day. だから私は一日中、彼女のボーイさんのようでした

非常にシンプルな構造ですが、このように発言の目的や終了を明確にするだけで、論理的に聞こえ、相手があなたの意図を理解しやすくなります。

*** ***
どうだった? 日本語で自然にできることはたくさんありますが、当然のことながら英語でもできます。 英会話に不慣れな方は、英会話や英会話レッスンで紹介する4つのポイントにご注意ください。 他の人とのコミュニケーションが楽になると思います。

ベルリッツのレッスンでは、英会話の初心者でもすぐに練習できる会話方法を徹底的に学ぶことができます。 以下のウェブサイトをチェックしてください!

Rate article