ネイティブが使う!仕事で役立つ英語イディオム(慣用句)【Part1】

105
Business English Speak

英語を聞くと一言一句聞こえますが、意味がよくわかりません…そんな場合はイディオム(イディオム)の学習に集中したくなるかもしれません。
英語には、各単語を文字通りに翻訳しても意味をなさないイディオムがたくさんあります。 先住民がよく使うものもありますが、日本人は知らないです。 そこで、日本人にはないイディオムをいくつかご紹介します。ビジネスシーンの例文とその声をセットでご紹介しますので、ぜひ練習してマスターしてください!
*この記事も参照してください→「ネイティブが使用します!仕事に役立つ英語のイディオム[パート2]」

1. Learn the ropes

105

“Learn the ropes”は「コツを覚える」という意味の慣用表現。ロープの結び方のコツを覚える、とイメージするとわかりやすいかもしれませんね。

【英文】
It took him a while to master the ropes, but he finally began to adjust.

【訳】
彼はコツをつかむのに少し時間がかかりましたが、今はうまく対応しています。

2. Bring to the table

“Bring to the table”は、直訳すると「テーブルの上に持ってくる」ですが、そこから転じて「~をもたらす」という意味で使われます。スキルや経験など何らかの価値をもたらす場合に使います。

【英文】

We need someone who can share their search engine optimization (SEO) experience.

【訳】
私たちには、SEOの知識をもたらしてくれる人が必要です。
*SEO(Search Engine Optimization)はWebマーケティングの専門知識のひとつ

3. Behind the scenes

“Behind the scenes”は「密かに舞台裏」の意味。 舞台裏でコミュニケーションを取り、舞台裏で作業する方法を説明するために使用されます。

【英文】

The agency did a lot of behind-the-scenes work to make sure everything went smoothly.

【訳】
その代理店は、ものごとが上手く進むように、陰でかなり多くの仕事をしています。

4. By the book

106

“By the book”は、

「規則に従う」という意味。 「ルールブックによる」と想像すればわかりやすいです。

[英語]

My manager insists on doing everything according to the rules. She’s not very flexible.

[理由]
私のマネージャーは私に規則に従ってすべてをするように促します。 彼女は柔軟ではありません。

5. Cut corners

“Cut corners”は「節約する」や「手を抜く」という意味。「コーナーを曲がらずに土地を横切る=近道をする」というニュアンスです。以下の2つの例文は同じように思えますが、文脈によって意味が異なるので注意が必要です。

【英文】

We had to cut corners. There were fewer forecasts for our sales.

[理由]
売上が予想を下回ったため、(経費)を節約する必要がありました。

【英文】
When it comes to quality, we cannot cut corners ourselves.

【訳】
品質は私たちにとって非常に重要なので、手を抜くべきではありません。

6. In a nutshell

“In a nutshell”は「一つの木の実の中に」と訳せますが、「一言で言うと」や「手短に言うと」という意味で使われます。プレゼン、報告などで主旨を要約して伝えたい時にも約に立つフレーズです。

【英文】

The client gave us a lot of feedback on our presentation. In short, they were not very happy with our proposal.

[理由]
クライアントは私たちのプレゼンテーションについて多くのフィードバックをくれましたが、一言で言えば、彼らは私たちの提案に満足していませんでした。

7.Go the extra mile107

“Go the extra mile”は、文字通り、「距離を伸ばす」という意味ですが、「もっと努力する」「すべてをする」という意味です。

【英文】

Our customer service representatives always do their best to support our customers.

【理由】
当社のカスタマーサービス担当者は、お客様をサポートすることをお約束します。

8. Grey area

“Grey area”は、不透明な「どちらかに属する領域」を参照するために使用される式。
ちなみに、灰色のつづりはアメリカ英語では「灰色」ですが、イギリスやカナダでは「灰色」であることがよくあります。 頭字語を取る、AmericaはGray、EnglishはGreyと覚えると良いかもしれません。

【英文】

Although many points were clarified, there were still a number of gray areas, especially with regard to new hires.

[理由]
多くのことが明らかになりましたが、雇用の問題は依然として不確実です。

9.Ballpark figure

“Ballpark figure”は「概算の数字」を表す時に使います。野球場の観客数をざっくりと数えることをイメージするとわかりやすいですね。

【英文】

We need to roughly imagine how much it will cost, even if it’s an approximate figure.

【訳】
例え概算でも良いので、どのくらいのコストがかかるのか知りたいです。

10.Get something off the ground

“Get something off the ground”は、直訳すると「(飛行機などが)離陸する」という意味ですが、そこから転じて「~を開始する」という時に使います。

【英文】
We will need more staff if we are going to start this project.

【訳】

このプロジェクトを開始するには、より多くのスタッフが必要になります。

*** ***
どうだった? それぞれの言葉の意味は理解できますが、イディオムが知らない表現が多かったと思います。 ここで紹介した表現を仕事でスムーズに使えば、自信がさらに高まるかもしれません。
声を聞きながら例文を読んで練習してください!

 

Rate article