会話をよりスムーズにする英語で話題を変える3つのテクニック

Thumb 67 870x400
Business English Speak

外国人との打ち合わせ前の話や昼食時に英語で話題を変えたいですか?

「相手のトピックがわからず、トピックを変更したい場合」
「何かを言って話題を変えたいなら」
「重要なトピックがあり、トピックを変更したい場合」

あなたは何をすべきか疑問に思ったことはありますか?

トピックを変更するときに覚えておくべきことの1つは、他の人に不快感を与えないことです。 「ちなみに…」のようなものを使うこともできますが、トピックをよりスムーズに変えるテクニックがあります。
相手が面白そうな話題を急に変えてしまうと、無視されていると感じて悪い印象を与えることがあります。

本日、ベルリッツの教師であるKAZが、具体的な例文でトピックをスムーズに変えるための3つのテクニックを紹介します。

①相手の話題がわからなくなり、話題を変えたい場合

相手の話がわからない場合は、相手のトピックにある言葉や人の名前を使って、トピックをスムーズに変えてください。 相手の会話に合わせて話題が変わるので、相手に違和感を与えることなくスムーズです。

<例文>

A: Yesterday I spoke with Dan and he told me that the project …
B: By the way, did you know that he got married?
A: Really ?!

A: 昨日ダンとプロジェクトについて話たんだけど・・
B: そういえば、彼は結婚したのを知っていますか?
A: 本当に!

A: Last week I was in New York on business and …
B: Does that remind me that you saw what happened in New York?
A: No, what happened?

A:先週私は仕事のためにニューヨークに行きました…
B:それは私に思い出させます、あなたはニューヨークで何が起こっているか知っていますか?
A:いいえ、何が問題なのですか?

②とっさに何か言いたくて話題を変えたい場合

話の途中で、何かを思い出したり、一度に言いたいことがあるときに使うフレーズを紹介します。 急に話題を変えずにこれらのフレーズを追加することで、相手に不快感を与えることなくスムーズに話題を変えることができます。

A: Next weekend I’m going to play golf with…
B: I just thought of something. We could arrange our next meeting on Monday.
A:来週末は一緒にゴルフをします…
B:思っただけです。 次のMTGですが、月曜日に調整されます。

A: I went to a great restaurant last weekend …
B: I know it has nothing to do with this.
A: 先週、すごくいいレストランに行ったんだけど・・・
B: 話の途中ですいません、今日の朝、クライアントに会いました。

③重要な話題があり、話題を変えたい場合

会社などで相手のチャットが始まる前に伝えるべき重要なことがある場合に使用します。この場合も、以下に紹介する適切なフレーズを使用することで、相手を不快にさせることなくトピックを変更できます。

A1: Did you watch the game last night?
B: Before I forget, have you booked a conference room?
A: Yes, it was.
A: 昨日のゲーム観ましたか?
B: ちょっとその前に、会議室の予約はしましたか?
A: はい、したよ。

A: Have you watched the YouTube video I sent you?
B: Oh, while I remember, I sent you the report yesterday. Did you read it?
A: Sorry, I didn’t have time…
A: 昨日送ったユーチューブ動画見たかい?
B: あ、忘れないうちに、私は昨日レポートを送りましたが、読みましたか?
A: ごめんなさい、時間がなくて。

また、教室の授業では、「会議中はなかなか話せない!」など、いろいろな生徒から相談を受けています。 または「会話が追いつかない!」とか、本日紹介した話題を変えるテクニックを使ってみてください。

それで、今日、あなたがそれを理解しないならば、私はあなたに冗談を返す方法をあなたに示します。

ジョークがわからないからと言って「I don’t understand. 」と言ってしまうのは強い表現で失礼になってしまいます。そういう時は「Sorry I don’t get it.」を使いましょう!この表現はネイティブ同士でもよく使います。国や文化が違うとジョークがわからいない事は珍しいことではありません。

冗談がわからないと、笑顔で「ははは…」のような曖昧な態度をとることが多いですよね? このような場合、このフレーズを使用すると非常に便利です。

A: Why did the chicken cross the road?
B: Sorry I don’t know….
A: To get to the other side.
B: Sorry I don’t get it.
A:なんで鶏は道を渡ったか?
B:わかりません。。。
A:反対側にたどりつくため
B:ごめんなさい、そのジョークわからないよ
※オチがなく、当たり前の答えであるという有名なジョークです。

 

Rate article