英語メールで「お疲れ様」は? 状況に合わせて使えるフレーズ例13

162 870x400
Business English Speak

メールの冒頭では、「お疲れ様でした」という表現がよく使われます。しかし、英語でメールを書くとき、「お疲れ様でした」とはどういうことでしょうか。疑問に思ったことはありますか?直訳は「疲れたに違いない。疲れたに違いない!」と訳されますが、それは「ごめんなさい」という言葉で伝えたいことを意味するものではありません。

実際、あいさつ文の代わりに普段使っている「頑張ってくれてありがとう」の英語訳はありません。

「いつも/先日はありがとうございました…」「お元気ですか?」など、相手に感謝や思いやりのある表現をすれば、英語でのコミュニケーションはスムーズです。

この記事では、「お疲れ様でした」の代わりに「英語のメールの冒頭」で使用できる自然なフレーズを紹介します。

目次
1.1。すでに知っている人や社内の人とのコミュニケーション
2.社外または改訂内容の場合
3.3。担当者がわからない場合

1.すでに知り合いの方や、社内のコミュニケーション

161

たとえば、「HiBen」の後に次のフレーズを使用できます。
社内の人への電子メールの場合、名はもっとよく知っている必要があります。

■感謝の気持ちを伝えるフレーズ

Thank you for your reply.
お返事をいただきありがとうございました。

Many thanks for your help.助けていただきありがとうございました。

I’m sorry for the late reply.
返事が遅くなってごめんなさい。

■ 相手を気遣うフレーズ
I hope you are well.

順調だと思います。

2.社外の方や、改まった内容の場合

たとえば、「Dear Mr. orMs.Corinz」の後に次のフレーズを使用できます。
社外の人へのメールには、Dear + LastNameを使用してください。

■感謝の気持ちを伝えるフレーズ

It was nice to meet you yesterday at the ABC project meeting.

昨日はABCプロジェクト会議でお会いできてうれしかったです。

I appreciate your adjusting your schedule.
スケジュールを調整していただきありがとうございます。

Thank you very much for visiting our office yesterday.
昨日は、ご訪問いただきありがとうございました。

I appreciate your quick response.
お時間を割いていただきありがとうございます。

■ 相手を気遣うフレーズ
I expect you are keeping well.
お元気でお過ごしのことと思います。

I hope this email finds you well.
お元気でお過ごしのことと思います。

3.担当者が分からない場合

163

“Dear Sir or Madam,”

後に次のフレーズを使用できます。

■まず、あなたが誰であるかを彼らに理解させます

My name is Taro Tanaka and I am in charge of training programs at Star Japan.

私の名前は田中太郎です。私はベルリッツ・ジャパンでカリキュラム開発を担当しています。

My name is Taro Tanaka. We met last week at an event.
先週のイベントで知り合った田中太郎です。

My name is Taro Tanaka and I am a colleague of Hiroshi Suzuki at Star Japan.
ベルリッツ・ジャパン鈴木宏の同僚の田中太郎です。

***
状況に応じて使える英語のメールを書く例を紹介しました。 日本語の「おつかれ様」は、メールだけでなく、さまざまなシーンで使用できますが、英語では、この記事で使用している表現を使用して、心配を減らし、作業効率を向上させるためのさまざまな表現や単語があります。

Rate article