ベルリッツ英会話体験記 ②いよいよ初レッスン

206 870x400
English Training

今日が最初のレッスンです。
いつものように緊張した状態で行きました。

今日のテーマは「Renew acquaintances」
“Acquaintance=知人”
“Renew=更新する”

207

直訳は「知り合いの更新」ですが、日本語の本来の意味は、会議で出会ったクライアントやパーティーで出会った人など、久しぶりに出会ったことを「知る」ことです。 。 他の人と話し、会話を進める方法。

覚えていても相手が忘れてしまうような状況を想定した会話のポイントです。

Point 1   まず、ここから名前を付けてください
他の人があなたの名前を忘れたかもしれないと仮定して、他の人が気まずく感じないように自分自身を与えてください

Ms.○○? It’s me, △△.
「〇〇さんですか? 私です。△△です」

Point 2   他の人が簡単に覚えられる要素を振りかける
→1ヶ月前はいつでしたか? 去年?
どこだった→東京? 大阪? ニューヨーク?
どんな場所だったのか→打ち合わせ? パーティ?

We met last year at the conference in Bangkok.

「昨年バンコクで開催された会議でお会いしました。」

お互いの名前を確認できたら、いつ会ったのか…

Point3  会っていなかった時の様子を尋ねる
What have you been up to?

“どうだった?”

このフレーズは、過去5か月間、誰もが生活を控え、久しぶりに会ったときにも使用できます。

 

What have you been up to in the last five months?

「この5か月、いかがお過ごしでしたか?」

Actually I have changed jobs this April.

「実はこの4月に転職したんです。」

However, I am working because of COVID-19.

「しかしコロナウィルスの影響で、ずっと在宅勤務をしていました。」

 

さて、ひとしきり会話が盛り上がり、そろそろ。。。となったら。。。

Point4  名残惜しさを感じさせる立ち去り方
I would like to talk more , but…

「もっと話したいのですが…(例えば、計画があるので)

日本語では、「ごめんなさい」「あのセクションありがとう」など、漠然と泥だらけで見落とされがちな状況です。 別れた後、「誰だったの?」と聞くことができます。 しかし、これでは「更新」することはできません。
人との関係をきちんとつなぐために、お互いをきちんと認識していくという普段のコミュニケーションとは違うと感じました。
このようにして再構築した関係は、次に会うときに必ずアップグレードされると思います。

205

【今回のおさらい】

〇キーワード
Renew=更新する

Acquaintance=知人

Apparently=どうやら(It seemsも使える)

〇キーフレーズ
What have you been up to?

「いかがお過ごしでしたか?」

I wish I could talk more, but I have to run.

「もっとお話ししたいのですが、もう行かなくては。」

I have a meeting in 10 minute.

「10分後に打ち合わせがあるんです」

次回は「Catch up with a client」どんなレッスンになりますか?

Rate article