どうして トリックオアトリート” って言うの?

69 870x400
English Training

多くの子供たちはハロウィーンの日に近所や学校でトリックオアトリートに行きます。でもそもそもどんなお祭りなの?疑問に思ったことはありますか?

今回は、2015年に開校したばかりのベルリッツ上大岡学校の先生であるクリスが、アメリカのティーンエイジャーとしてのハロウィーンのトリックオアトリートの起源と思い出について語りました。これを読んでハロウィンの本当の習慣を知っていれば、さらに魅力的な日になるでしょう。英語と日本語の2ヶ国語でお教えしますので、英語読解の練習にご利用ください。また、英語部分にはクリスが読んだ声が含まれていますので、英語のリスニング練習にご利用ください。

ハロウィーンの思い出
ハロウィンの楽しい思い出がたくさんあります。バージニア州クリステンバーグで育った私は、毎年スパイダーマンやドラキュラのような面白い服を着ていました。私はしばしば衣装の一部を失い、怒って落ち込んでいました。でも、隣人の呼び鈴を鳴らして「トリック・オア・トリート!」と叫ぶのを待っていると、他に何も感じなかったのだと思います。赤で他の人に。

さて、この時期、多くの学生からよく聞かれる質問があります。
「なぜそれをトリックオアトリートと呼ぶのですか?」
“どういう意味ですか?”

Memories of Halloween

I have a lot of fond memories of Halloween growing up in Christiansburg, Virginia, every year I was dressed as Spider-Man, Dracula, or some other ridiculous thing. I remember that I always managed to lose part of the suit and I was very angry. But I was always glad that I always managed to come home with a giant bag of chocolates! There is no sense of waiting for a stranger to open his door so you can shout, “Trick or treat!” Many of my students ask me, “Why do you say trick or cure? What does this actually mean?

67

トリックオアトリートのはじまり

ハロウィーンの始まりは中世にまでさかのぼります。 当時は今のように遊びの要素がなく、貧しい人々が食べ物に恵まれ、その見返りに祝福された死者への祈りを捧げる「ソーリング」と呼ばれるこの習慣は、ハロウィーンの始まりと言われています。

また、現在のスイーツを受け取る行為は、スコットランドの昔ながらの「ガイジング」の習慣に由来すると言われています。 これは、ドレスアップ、歌の歌、カードを使った魔法の実行、物語の語り、そして代わりにお菓子を手に入れることで構成されていました。

その後、19世紀には、スコットランドとアイルランドの文化が米国に浸透しました。 そして、1930年代になると、今のハロウィーンの習慣が一気にアメリカに広まり、子供たちのお菓子が欲しくなり、人にいたずらをしたいという遊び心が生まれました。

The origins of “treat or treat”

Putting on costumes and begging for food from your neighbors dates back to the Middle Ages, but then it was not a game. In those days, they walked heart to heart, which meant that the poor walked the streets begging for food. In return, they offered up prayers for the dead. A modern trick or treat is a custom borrowed from an old Scottish custom called disguise. This includes dressing up as a costume and singing a rhyme, performing a card trick, or telling a story in exchange for sweets. In America, when children demanded something nice, otherwise they would play a cruel joke with a person.
The origins of the gimmick or treat

どのようにいたずらをしますか?
現在、私の周りには、このハロウィーンに参加したくない、またはハロウィーン自体が嫌いな人がいます。しかし、若者はそれを気にしません。ハロウィーンの日、若者は、電源が入っていない、またはノックして応答しない家を見つけたときに、家をいたずらします。

もちろん、これは礼儀正しくはなく、決して当然のことではありません。
しかし、若者は常に若いです。

いくつかのいたずらの中で、最も一般的なものは「卵」(家で卵を投げる)と「ティーピー」(木や茂みの上にトイレの蒸気を投げる)と呼ばれています。でも若い頃は「フレーミングプー!」が好きでした。これは犬の糞を紙袋に入れ、誰かの正面玄関の前に置きます。次に、紙袋に火をつけ、ドアベルを鳴らします。家の人たちが出てきて火を見たとき、彼らは鞄を踏みつけて消火しました。その後、靴の匂いが想像できます! ??今考えてみると、地獄の言葉です。

これで、アメリカ人が「トリックまたはトリート」である理由がわかりました。次のハロウィーンのためにベルリッツ上大岡学校に来てください。お菓子を子供たちに贈るのを楽しみにしています。しかし、ベルリッツが閉鎖されている場合は、いたずらしないでください!

68 1024x655

How we turn a gimmick into a wallet or life

There have always been people in my area who participated in their teens. When people didn’t turn on the lights or open the door, we played a cruel joke with them. Of course, this is not good behavior, and I am in no way justifying it, but teenagers will be teenagers. Some of the more common tricks are “tossing eggs into their house” and “TPing” (throwing toilet paper. All their trees and bushes). My personal favorite was the “flaming turd”! Put them in a paper bag on the porch. Then we lit it and rang the doorbell. When a person saw fire, his natural reaction was to step on it. You can imagine how their shoes smelled after that! This is some kind of disgusting trick when you think about it.

So now you know more about why people in America say “wallet or life.” Come to the Star Kamiooka Language Center next Halloween and we look forward to giving the kids some fun. No gimmicks please!

いかがでしたか?次回のハロウィーンを起源や本場の風習を理解した上で迎えればきっと楽しさ倍増ですよ。

ハロウィーンの話題の英会話

Chris and William at Kamiooka Language Center

最後に、ハロウィーンが人気のアメリカの先生と、ハロウィーンの習慣がほとんどないオーストラリアの先生との間の、ベルリッツ上大岡学校でのハロウィーンの会話の音声を聞いてください。 あなたは同じ言語を話しますが、文化は完全に異なります。

William: Look at all those pumpkins! This time of year, they put pumpkins on top of everything. Chris: Of course it’s Halloween time now, my friend. It really brings me back. Have you ever celebrated Halloween in Australia? William: No, it doesn’t really matter in Melbourne. Chris: Dude, I used to dress up in some ridiculous costume every year. Wearing fake Dracula’s fangs and nails … which I have always lost! But I have a bunch of candy. William: By the way, I’ve always wondered where the treat or the treat came from?
Chris: I think it was an old Celtic tradition, at the end of the harvest they thought the souls of the dead would return, so the kids would go around asking for treats in exchange for praying for them. Then all Scottish Irish immigrants brought this tradition to North America.

William: I get “treats”, but what about “tricks”?

Chris: We Americans added that part! Now, if someone doesn’t open the door or give away candy, you can play a trick on them.

William: Like what?

Chris: Well, you can “eggs” their house or “TP” their yard … or have I ever told you about “flaming droppings”?

William: カボチャがこんなに!この時期はなんでもかんでもカボチャがついてくるな。

Chris: そりゃそうさ、ハロウィーンだもの。昔を思い出すよ。オーストラリアではハロウィーンは祝っていたの?

William: いや、メルボルンではハロウィーンはたいして盛り上がらないよ。

Chris: いやー毎年おかしな衣装で仮装したもんだよ。ドラキュラの牙や爪をつけたり・・・いっつも無くしたけどさ!でもお菓子をごっそりもらってた。

William: ところでずっと前から気になってたんだけど、トリックオアトリートの起源って何なの?

Chris: たしかケルト文化から来たんだよ。収穫の時期の最後に死者が帰ってくると思われてたから、子供たちがお祈りを捧げる代わりにお菓子をおくれよ!って近所をまわってたんだってさ。その後スコットランド人とアイルランド人がアメリカにその文化を持ち込んだんだ。

William: 「トリート」 – お菓子の部分はわかるけど、「トリック」 – いたずらはどこから来たの?

Chris: それは我らアメリカ人が勝手に足したのさ!ドアを開けない家やお菓子をくれない家にはいたずらをしていいってことになってたんだ。

William: たとえばどんないたずら?

Chris: そうだな、家に卵を投げつけたり、トイレットペーパーで庭を荒らしたり・・・そうだ、フレーミングプーの話はしたっけ?

この記事を書いた人
ベルリッツ上大岡ランゲージセンターの教師とカウンセラー陣

上大岡ランゲージセンターは、2015年にゆめおおおオフィスタワー18階にオープンしたベルリッツで、上大岡駅に直結しています。 英会話を交え、大人でも子供でも、お客様のご要望に応じて丁寧に話を聞き、最適な語学力向上のためのコースをご提案いたします。

教師もカウンセラーも、お客様をよく理解するために、コミュニケーションが絶えない学習環境を作ることを目指しています。 ぜひお越しください!

上大岡言語センターホームページ

Rate article