TOEICのリスニング力がアップする英語学習法7つのコツ

244 765x400
English Training

大学入試で英語をたくさん勉強しましたが、会話はありませんでした。そのような人が英語を話し始めると、最初に遭遇するのは、相手が「自分の言っていることが理解できない」または「聞こえない」という心配です。

聞くことになると、文章で何が理解できるか理解できません。 TOEIC®L&R TESTを試しましたが、聞こえない、知らない、知らない、つまらない、つまらない、勉強をやめるという悪循環を経験している方も多いと思います。

そこで、TOEIC®L&RTESTスコアの向上に役立つリスニング練習のコツと7つの練習手順をご紹介します。

この練習ステップは、自宅学習のためのベルリッツのレッスンでの実際のリスニング練習のアレンジであるため、効果的で費用もかからないので、今日から作業を開始してください。聞くことができるようになると、英語が楽しくなり、聞く量が増え、その結果、上達してさらに楽しくなり、好循環が生まれます。

※この記事は、2013年12月27日に公開された記事に追加されました。

1. 上達のコツは「音」と「意味」を意識すること

 

リスニングが苦手な理由のほとんどは、大きく分けて次の3つに分けられます。

そもそも、単語、文法、表現がわからない245
知っている言葉や表現すら聞こえない
聞こえても、話し方や理解の速さについていけません。
そのうち、後者の2つは多くの日本人が心配しているものです。なぜなら 、、、

聞こえない:正しい発音の単語を覚えていないので聞き取りにくい(日本独特の日本語英語で覚えている)。
理解のスピードに追いつかない:読み返す習慣がなくなっていないので、英語を理解するのに時間がかかります(入学試験で英語の呪いから逃れることはできません)。
状態になっています。

逆に、これら2つの問題を解決できれば、英語のリスニングスキルが向上します。

しかし、リスニングの練習になると、聞いたことを日本語に翻訳しようと頑張っている人もいます。そのため、英語の後に日本語が入ったCDを聴く傾向がありますが、改善効果はわずかです。学んでも。 CDの日本語訳では、「音を聞く」「意味を理解する」という慣習ではありません。

リスニング練習の秘訣は、練習が「英語で音を聞く」か「意味を理解する」かを意識することです。

2. 「音を聴き取る」とは? 「意味を理解する」とは?

実際の練習手順を紹介する前に、「音を聞く」「意味を理解する」ことを知っていただきたいと思います。

音を聞く:音を聞く:
発音を聞いて、文字を想像してください(Appoを聞いて、それがAppleだと知っています)

意味を理解する:
発音を聞くとすぐに意味が想像できます(アポを聞くと、頭の中で赤い丸い果物が想像できます。アポ=リンゴ⇒赤い丸い果物の日本語訳では意味がわかりません。注意してください。 そうではありません)

246

3. リスニング力をアップさせる7つの練習ステップ

ここでは、「音」を聞き、「意味」を理解するという、リスニングスキルを効果的に身につけるための7つの練習ステップを紹介します。

このステップでは、実際のリスニングのように音と意味の一般的な理解を強調しながら、できないことを明確にしてそれを可能にすることにより、効率的かつ効果的に改善することができます。 ..また、教材の選び方(ステップ1)に踏み込んだので、初心者からある程度習得した人でも確実に次のレベルに進むことができます。

それでは、実際に学習を進める方法と各ステップのポイントをご紹介します。

(1)リスニング教材を準備する
文字で読んである程度理解できるレベルのリスニング教材を用意します。音声速度は、自然な英語レベルであることが望ましいです。
※興味のある分野のネイティブスピーカーによるオーディオブックをお勧めします。
※英語に続いて日本語などの教材は絶対に選択しないでください。意味を理解するのは練習ではありません。

(2)背景を理解する
実際の会話でも、背景知識がまったくないという話を聞く機会はありません。あなたがその日にしている部分のテーマがテキストの写真とタイトルから何であるか想像してみてください。ただし、テキストは絶対に見ないでください。

(3)聞く-意味を理解する
あなたがそれを聞いたら、あなたが言っていたことのあなたの理解を測定してください。さらに数回行います。 (目安として3〜5回程度)

(4)聞く-音の理解
次に、聞き取りを繰り返して、理解できない単語も含めて音を解釈します。これ以上聞いても、正しい発音がわからないところがわかるまで聞いてください(目安として10〜20回程度)。
※このパートでは、「音」を聞くことに集中してください。
*時間があれば、ディクテーションを組み込むことをお勧めします。

(5)テキストチェック-意味の確認
テキストを読み、リスニングで想定される内容(意味)とのギャップを確認します。わからない単語を調べてください。

(6)テキストチェック-サウンドチェック
資料を聴きながら文章を確認してください。ここで聞こえなかった文字と音がまったく同じであることを確認してください。このステップはしばしば省略されますが、音を肉付けすることは非常に重要なステップです。 「Didyou〜」などの単語を知っていても、組み合わせると発音が全然違うのでご注意ください。

(7)音読を終える
フィニッシュは朗読です。これは、頭の中で捉えた音や意味を完全に身につけるためのステップです。
まず、資料ありで5回読み上げ、次に資料なしで約10回読み上げます。
ここでのポイントは1.意味を想像しながら読む2.正しい発音(単語だけでなく連音も含む)をとらえることです。会話指向の資料の場合は、相手と話しているように、ニュースやストーリーベースの資料の場合は、音読をイメージして試してみてください。

4.まずは、1ヵ月実践しましょう

そして、その方法の基本となる練習のコツは、「音を聞く」ことを意識することであり、すぐに、または聞くだけでリスニングスキルを向上させる魔法はありませんが、効果的なリスニング練習方法はあります。 これまで繰り返しお話ししてきた「日本語訳なしで意味を理解する」。

まず、1ヶ月続けてください。 また、イベントの前後にTOEIC®リスニング&リーディングテストを使用して結果を測定することを忘れないでください。 それはあなたの英語のリスニングスキルが上がっていることを証明するはずです。

247

* * *

ベルリッツでは、TOEIC® L&R(LISTENING AND READING)TESTまた、初めての学生や初心者向けの英語によるクラスも提供しています。 スコアを向上させるためのヒントに加えて、プロのインストラクターが効率的かつ効果的な学習方法について講義します。これにより、英語力とリスニングおよびリーディングスキルを向上させることができます。 無料相談可能になりました!

Rate article