会社で使うと “おっ” と思われる英語慣用句9フレーズ

248 870x400
Business English Speak

あなたの会社の外国人や同僚に「ああ」と思わせるために、日本人がめったに使わない英語のフレーズを使いませんか?

いろいろなサイトを見ると、「役に立つ英語」や「ベーシック英語」が一般的ですが、「仕事で使えるクールなフレーズ」や「英語のイディオム」を持っているサイトは多くありません。

ベルリッツの外国人教師の中には日本語が堪能な人もいますが、仕事をしています
「磯ヶ場マウェアです。」
「ああ、日本語がわからない!」と言われました。

同様に、ネイティブスピーカーが使用する英語のイディオムやフレーズを使用できると便利です。

今日、外国人からのベルリッツネイティブ教師はそれをビジネスに使用しています
「ああ、あなたは英語を知っています!」
ここにあなたがあなたの会社で使うことができるいくつかの英語のイディオムがあります。

また、併用方法もご紹介しますので、ぜひお試しください!

仕事で使えるかっこいい慣用句10フレーズ

(1)To see eye to eye

それは「コンセンサス」を意味します(アイ・トゥ・アイ・コンタクトのアナロジーから)。

251

■例文
Mr. Wilson: We were able to find common ground about how our marketing strategy is.
Mr. Tanaka: This is excellent. When will the project be completed?
Mr. Wilson: Hopefully by next Friday.

Mr. Wilson: 私たちのマーケティング戦略の展開方法に関して意見が一致しました。
Mr. Tanaka: すばらしいです。このプロジェクトはいつ完了できますか?
Mr. Wilson: 次の金曜までに終えられればと思っています。

(2)Once in a blue moon-
「めったに…ない」という意味で例えば、出張はよくしますか?などきかれたときにOnce in a blue moon (「めったに出張はしません」という意味)で使います。

■例文
Mr. Tanaka: How often do you go on business trips?
Mr. Wilson: Only once on a blue moon. I’m going on a business trip abroad. This usually happens once a year.

Mr. Tanaka: 出張にはよく行くのですか?
Mr. Wilson:私はめったに海外旅行をしません。 おそらく年に一度くらい。

(3)To kill two birds with one stone-
「一石二鳥」という意味です。

■例文
Mr. Tanaka: Our flight is at 1 pm and we have not prepared for the presentation yet. We won’t fly if we prepare here.
Mr. Wilson: Let’s get ready while we’re on the Shinkansen. Thus, we can kill two birds with one stone.

Mr. Tanaka: フライトは午後1時ですが、プレゼンテーションの準備はまだできていません。 ここで準備をしているとしたら、飛行機に間に合わないでしょう。
Mr. Wilson: 新幹線に乗って、一石二鳥の準備をしましょう。

(4)To be caught between a rock and a hard place
それは「行き来する」という意味です。 文字通り翻訳すると、それは岩と固い壁の間の状況のようなものです。

250

■例文
Mr. Tanaka: Did you finally release Christina?
Mr. Wilson: Well, I ended up between a rock and a hard place because she doesn’t get along with the staff, but she is one of the best engineers. In the end, I decided to give her another chance.

Mr. Tanaka: 結局クリスティーナをチームから外したのですか?
Mr. Wilson: それは難しい決断でした(前進と後退が非常に困難な状況)。 彼女は他のスタッフと仲良くすることはできませんが、私たちの会社で最高のエンジニアの一人でもあります。 最終的に私は彼女にもう一度チャンスを与えることにしました。

(5)To hear through the grapevine-
それは「(一人一人の)噂を聞いた」という意味です。
葡萄の枝がいろいろな形で描かれているかのように、葡萄が人から人へと伝わる様子を比較するイディオムです。

■例文
Mr. Wilson: Hi Mr. Tanaka, have you heard the news?
Mr. Tanaka: No, what happened?
Mr. Wilson: I heard that the company will change the CEO.

Mr. Wilson: 田中さん、ニュースを聞きましたか?
Mr. Tanaka: いいえ、何が起こったのですか?
Mr. Wilson: 会社のCEOが代わるという噂を人づてに聞いたよ。

(6)To bite off more than you can chew –
「できない事をやろうとする」という意味です。

■例文
Mr. Tanaka: She has worked on many projects lately.
Mr. Wilson: This time she definitely bit off more than she could chew because she looked tense.

Mr. Tanaka: 彼女は最近多くのプロジェクトで仕事をしてますね。
Mr. Wilson:確かに、彼女はこれ以上仕事をすることができないでしょう。 彼女はストレスを感じているようだ。

(7)To feel under the weather-
それは「私は病気です」という意味です。 天気が悪いというアナロジーから来ています。

249

■例文
Mr. Tanaka: How are you today?
Mr. Wilson: Actually, I feel a little out of my mind as I think I may have caught a cold.

Mr. Tanaka: 調子どう?
Mr. Wilson: 気分が悪いので、風邪を引いたのではないかと思います。

(8)To add insult to injury-
それは「事態を悪化させる」という意味です。 傷に悪いことが起こったとき、別の侮辱が起こったとき、悪いことが続くというのはアナロジーです。

■ 例文
Mr. Tanaka: What happened to your yesterday?
Mr. Wilson: My computer burned out yesterday so I couldn’t finish my job. To add insult to injury, it still didn’t work after I picked it up from the repair shop.

Mr. Tanaka: 昨日、君のコンピューターに何があったのですか?
Mr. Wilson: 昨日はコンピューターが壊れたので仕事を終えることができませんでした。 さらに悪いことに、修理工場から拾われた後も壊れたままでした。

(9)To cut corners-
会社で使うと外国人は「ああ」と思います。 英語のイディオム10phrase_3は、「ショートカットを取り、プロセスを省略する」ことを意味します。 これは、角を曲がって近道をすることに似ています。

■例文
Mr. Tanaka: How about outsourcing computer programming to a foreign supplier?
Mr. Wilson: If we do that, the quality will drop, and I don’t think we should cut corners when it comes to programming.

Mr. Tanaka: プログラミングを海外に外注する件はどうしますか?
Mr. Wilson:

プログラミングステップを省略することは、品質を低下させるかのように、オプションであってはなりません。

どうだった?

本日も例文をご紹介しましたので、身近なところがあれば使ってみましょう。

ベルリッツのレッスンでも、ロールプレイングで実際の状況を練習しています。 覚えておくだけでなく、試してみることが大切ですので、ぜひお試しください。

Rate article