正しく使えるととっても便利!「~に関して」の英語表現

Ere2 800x400
Business English Speak

日本語でよく使われる「約」について、英語で何と言いますか?
調べて多くの同義語を見つけ、どれが自分に適しているかわからない場合、問題が発生しますか?

実際、それらはすべて同じ意味を持っています。 違いは使い方です。 そこで今回は、英語で「〜関」と言ったり書いたりするときに、迷わず適切な表現ができるように、それぞれの使い方を紹介します。
さらに、上級ユーザー向けの「概要」についても説明します。これは、話し合うときに役立ちます。

目次

「 ~に関して」の使い方基礎
1-1. 「~に関して」の表現は数多い
1-2. 内部向けのカジュアルな表現
1-3. 外部向けのフォーマルな表現
「~に関して」の例文
2-1. 〇〇に関しまして/〇〇に関して
2-2. 〇〇に関しては問題ありません。しかし・・・
まとめ

1.「 ~に関して」の使い方基礎

基本的な使い方は、文の最初に「約」と言って、主要な主題に入るというものです。 例を見てみましょう。

Regarding the production cost: we are currently estimating the total.

 

上下の矢印キーを使用して音量を調整します。
開発費は現在見積もられています。

前述のように、メールなどで書き込む場合は、以下のようにコロン(:)またはカンマ(、)を使用してください。

ベルリッツ①

口頭でコミュニケーションをとるときは、コロンに注意し、テキストをコミュニケーションする前に一時停止してください。

 

1-1. 「~に関して」の表現は数多い

「約」という意味の表現はたくさんあります。 よく使うので毎回同じ表現がつまらないので数字があるかもしれません。

しかし、すべてを覚えておく必要はありません。 多くの英語話者はいくつかの表現を使用します。 ところで

に私はregarding、as for、in terms of をよく使います。同じように、2つか3つ、自分が言いやすいものを覚えましょう。

注意すべきことの1つは、表現の「正式な程度」です。 友人や同僚と話すときに自然に聞こえる表現は、社外の人や多数の会議などの異常な状況で使用すると、子供っぽく聞こえる場合があります。

そのため、「約」の英語表現をカジュアルとフォーマルに分類しました。 まず、表現とシーンを一致させて、英語に自信をつけましょう。

 

1-2. 内部向けのカジュアルな表現
Multi-Ethnic Group of People Working Together

親しい友人、同僚、上司、その他の親しい人々(会うために賢い服を着ていない人々)にとって、以下は「奇妙ではない」表現です。 外国人にはこんな感じの翻訳も用意しました。

About

About the new ad design: do you have the data?

新しい広告のデザインに関して、何かデータはありますか?

Regarding

Regarding the new ad design: do you have the data?

新しい広告のデザインに関して、何かデータはありますか?

Concerning

Concerning the new ad design: do you have the data?

新しい広告のデザインに関して、何かデータはありますか?

In terms of

In terms of staffing, I think it’s all right.

人員に問題はないと思います。

-wise

Staffing-wise, I think it’s all right.

人員的には問題ないと思います。

特にAbout と –wiseはカジュアルに聞こえるので、改まった場面で使うのは少し不自然です。

1-3. 外部向けのフォーマルな表現
Teamwork is the key to success

次のフレーズは、部外者との初めての出会い、大規模な会議などの変更された機会、または外部の電子メールに適しています。 形式の微妙な違いに注意してください。

Regarding

Regarding the new ad design: it is currently under development.

新しい広告のデザインに関しては、現在制作中です。

Concerning

Concerning the new ad design: it is currently under development.

新しい広告のデザインに関しては、現在制作中です。

As for

As for the new ad design: it is currently under development.

現在、新しい広告デザインに取り組んでいます。

In regard to / With regard to

As for the new ad design: it is currently in development. / Regarding the new ad design: it is currently under development.

現在、新しい広告デザインに取り組んでいます。

In terms of

In terms of staffing, we believe there is no problem.

人員に問題はないようです。

変更の程度は少し異なりますが、電子メールを含むすべての正式な状況で使用できます。

2.「~に関して」の例文

次に、使い方を理解し、自信を持って使えるように、音声と翻訳を使ったさまざまな例文を紹介します。

2-1。 깲について/正謡について
まず、物語の主題を切り抜くときに「約」を使用する場合の例文を見て、流暢に話せるようになるまでそれを繰り返します。

Regarding the project schedule, unfortunately we need to complete the project a week early due to our client’s request.

プロジェクトのスケジュールに関してですが、クライアントのご要望につき残念ながら締め日を一週間早めなければなりません。

Regarding Mary’s questions, could you answer them for her by email?

マリーさんの質問について、○○さんからメールでお答えいただけますか?

 

In terms of workload, our employees still have the opportunity to take on a little more work.

仕事量に関しては、こちらのスタッフは追加の業務を請け負うだけの余裕はあります。

Regarding the weekly meeting, how can we reschedule the next meeting from Wednesday to Thursday?

毎週のミーティングに関してですが、次の回を水曜日から木曜日に変更できませんでしょうか?

 

As for the date of the meeting, can it be rescheduled for Friday the 15th?

ミーティングの日程に関しまして、15日の金曜日に変更することは可能でしょうか?

Regarding the upcoming Christmas party, we sent out an invitation to 65 guests, 39 responded.

今度のクリスマスパーティーに関しては、65名のゲストに招待状を送ったところ、現在39名が返信しています。

In regard to the system maintenance scheduled for April 4th, all staff members will not be able to use the Internet from their PCs after 10:00PM.

4月4日に予定されているシステムメンテナンスに関しましては、22:00以降全社員のPCからインターネットが使用不可になります。

With regard to training of new staff, Michael from Sales will be joining as one of the trainers.

営業部門のマイケルは、新入社員のトレーニングにトレーナーの1人として参加します。

2-2。 ️️は問題ありません。 しかし …
話し合いの中で相手の意見に100%同意できれば、私もそう思うと言え、自分の考えを伝えやすくなります。

しかし、50%が同意し、50%が同意しない場合はどうなるでしょうか? あなたが他の人の意見のある部分に同意し、別の部分に同意しないとき、あなたは「私は…に同意しますが…」と言います。 ここでは、「about」に以下の英語表現を使用します。 上級ユーザー向け。

例を見てみましょう。

会話例1

例として、トレーニングを計画しているときの会話を見てみましょう。 ここで、B氏は、研修生の数が多いのになぜインストラクターの数が少ないのかと質問し、研修の準備に時間をかけるのは良いことだと述べた。

A: We plan to start training in 2 months. There will be 2 trainers and 240 trainees in total. It will take us another 2 months to prepare, because we really need everything to go well.

B: Regarding the preparation time, I think it is good, but why do we only have 2 trainers for so many students?

A: Unfortunately, this is a budget issue.

 

A:2か月以内にトレーニングを開始する予定です。 2人のインストラクターと240人の研修生がいます。 このトレーニングは成功する必要があるため、準備には2か月かかります。

B:準備期間は良いと思います。 しかし、なぜこれほど多くの研修生に2人のインストラクターしかいないのでしょうか。

A:残念ながら、それは予算の問題です。

 

会話例2

以下の例では、展示する絵画の中から、チラシ等に掲載する絵画の候補を探しています。 Aさんは絵を推薦しますが、Bさんは芸術的な観点からは「素晴らしい絵です」と言っていますが、それほど目を引くものではありません。 「」

A: Look at this image. Isn’t it wonderful? I think this should be one of the works of art in the next exhibition.

B: Let me see … That this is structure and use of color, I agree, but I don’t think it’s very eye-catching.

A1: Okay, then how about this?

 

A:この写真を見てください。 いいですね。 次回の展覧会で取り上げられる絵のひとつになると思います。

B:どちらか…構図や色使いの面では素晴らしいと思いますが、それほど目を引くものではないと思います。

A:その通りです。 では、これは何ですか?

 

会話例3

会話例1と全く同じシチュエーションでの会話で、 -wiseを使っているところを見てみましょう。In terms of と違って、-wiseは少しカジュアルな響きになります。

A: We plan to start training in 2 months. There will be 2 trainers and 240 trainees in total. It will take us another 2 months to prepare, because we really need everything to go well.

B: Regarding the schedule, I think it’s good, but why do we only have 2 trainers for so many students?

A: Unfortunately, this is a budget issue.

 

A:2か月以内にトレーニングを開始する予定です。 2人のインストラクターと240人の研修生がいます。 このトレーニングは成功する必要があるため、準備には2か月かかります。

B:スケジュールはいいと思います。 しかし、なぜこれほど多くの研修生に2人のインストラクターしかいないのでしょうか。

A:残念ながら、それは予算の問題です。

 

会話例4

これは会話の例2と同じ状況です。-wiseを使用することの難しい部分は、直前に入れる正しい名詞を考えることができるかどうかです。 実際にフレーズを使って英語を話す人々の話を聞いて模倣するのが最善です。

A: Look at this image. Isn’t it wonderful? I think this should be one of the works of art in the next exhibition.

B: Let me see … Technically, I agree, but I don’t think it gets much attention.

A1: Okay, then how about this?

A:この写真を見てください。 いいですね。 次回の展覧会で取り上げられる絵のひとつになると思います。

B:どれ…技術的には良いと思いますが、人目を引くとは思いません。

A:その通りです。 では、これは何ですか?

3. まとめ

いかがでしたか?

ここで紹介した表現以外にもたくさんの表現があります。 すべてを覚えておく必要はありません。 人によって使い方が違うので、好きな表現をいくつか選んで、慣れるまで何度も繰り返します。 そうすれば、緊急時に飛び出します。

今回紹介した「アバウト」の使い方は、題材を切り抜くためのものです。 また、フレーズによっては「XXについて質問がありますか?」などの使い方もあります。 相手の質問の方向を決定するため。 英語のレッスン、外国のドラマ、そして外国人があなたのビジネスパートナーに言うことを聞いて、それらを模倣してあなた自身のものにしてください。

Do you have any questions regarding this article?

この記事に関して質問はありませんか?

Rate article