英語で丁寧に主張や依頼ができる!ビジネスで使える15フレーズ

Business English Speak

英語で意見を述べたり、仕事を依頼したりするとき、相手が外国人だと言いたがらない傾向がありますか?

そんな時、日本人の多くは「欲しい〜」を使う傾向があります。

「私が欲しい〜」という表現は、ビジネスでは不適切であることが多く、先住民に「子供っぽい」印象を与えます(非常に、子供たちは「チョコレートが欲しい」というチョコレートを望んでいます。言っているように聞こえます)。

では、英語でどのように申し立てやリクエストを行う必要がありますか?

実は、冒頭のいくつかの表現など、いくつかのフレーズを覚えるだけで、無礼に言うことができます(〜を提案します〜を提案します)。

今日、ベルリッツの教師KAZは、ビジネスで使用できる15のクレームとリクエストのフレーズを紹介します。 声を聞いて、繰り返し声に出して読んでください。

※この記事は2014年8月20日に公開された記事に追加されました。

I suggest that ~を使って主張する

※ ~してはいかがでしょうか。という丁寧な表現です。

1. I suggest asking him to join the team.

彼にチームへ参加するようにお願いしてみてはいかがでしょうか。

2. I invite her to take on this project.

彼女にプロジェクトを引き継いではいかがでしょうか。

3. I suggest trying another option.

彼らは別の方法を試すべきだと思います。

261

I propose that を使って主張する

I propose that ~は I suggest that ~と同じ丁寧な表現です。
~することを提案いたします。

4. Suggest canceling tomorrow’s meeting.

明日の会議をキャンセルしたほうがよいとおもいます。

5. I propose that continuing with the launch of the product.

その商品の販売を開始すべきだとおもいます。

6. I propose that inviting our clients to dinner.

お客様をディナーに招待しましょう。

Should-を使って主張する

あるべきです。 それを主張するとき、またはアドバイスを与えるときに使用されます。
このフレーズは主に部下や同僚に使用されます。
また、必要後に完全形(持っている+過去分詞)を使うと、「……やるべきだった(やらなかったことを後悔している)」というニュアンスが出てきます。

7. We should leave early in order to catch the train.

電車に乗り遅れないために早く出るべきです。

8. You should go home early tonight because you do not look well.

あなたは青ざめているように見えます、あなたは今夜早く家に帰るべきです。

9. He should ask another seller for information about the customer.

彼は他の営業の人にお客様の情報を聞くべきです。

262

丁寧にお願い(依頼)をするときに使うフレーズ

Please…?から始めてもよいですが、より丁寧に依頼(…していただけますか?というニュアンスに近い)したいときには、
Can you…?/Could you…?/Would you…? から始めてみましょう。

10. Could you send me the documents before the end of the day?

今日中に資料を送っていただけますか?

11. May I make an offer?

提案してもよろしいですか?

12. Would you mind meeting tomorrow at 8 am?

明日の会議は朝の8時でもかまいませんか?

13. Do you happen to know Mr. Tanaka’s email address?

田中さんのメールアドレスをご存知ですか?

14. Would you mind introducing yourself?

自己紹介していただけますか?

15. I was wondering if you could attend the meeting for me.

すみません、私のために会議に出席していただけませんか。

 

すぐに会議を進めることができない場合でも、ビジネスの重要なポイントで意見を主張して要求できるように、繰り返し声を出して読む準備をしてください。

本日紹介された15フレーズのビジネスクレームやリクエストを覚えていれば、会議のタイミングを逃さずに意見を述べることができます。

Rate article