改善の意味を英語で100%伝える方法+改善活動で使うフレーズ12選

285 870x400
Business English Speak

「改善」という言葉は一般的に広く使われているので、それが何を意味するのかを考える機会はあまりないと思います。

でも、本当に英語で「改善」という言葉を伝えたいのなら、何と言いますか?

実際、製造業の世界では、英語のカイゼンという言葉が他の国で使われることもあります。しかし、それは私がその一言に頼ることを心配しているという意味ではありません。日本の文化圏に長年住んでいると、ある人が「改善する」と言ったときに、他の人が連想する行動を想像することができます。

しかし、その背景を共有していない人にカイゼンを伝えると、同じ効果が期待できますか?その上、多くの人々は製造業以外の分野でカイゼンという言葉を聞いたことがありません。

そこで今回は、分野を問わず外国人に「改善」のメッセージを伝えたいときのコミュニケーション方法を提案します。特に海外で日本のビジネス手法を実践しようとしている人や、地元の人に日本のビジネスのやり方を教えようとしている人には必見です。

目次

「改善」を外国人に教える
「改善」を資料・書面で使う
2-1. 「改善」を資料・書面で使った悪い例
2-2. 「改善」を資料・書面で使った良い例
改善活動中の会話で使うフレーズ
まとめ

1. 「改善」を外国人に教える

改善とは、作業を達成する手段をより正確、より速く、またはより効率的に変更するプロセスです。 つまり、無駄をなくし続けることで、より重要な仕事に集中できると言われています。

私たちの活動のもう一つの特徴は、トップダウンではなく、主に現場の人々と協力していることです。

ご覧のとおり、「改善」という言葉は、さまざまな意味を持つ非常に便利な言葉ですが、残念ながら、これらすべてのニュアンスを含む英語の表現はありません。 そのため、以下のように分解して説明する必要があります。

仕事 = task/work
手段 = means
より正確にする = improve accuracy
より速くする = improve speed
より効率的にする = streamline
変える = change
継続的 = constantly ongoing
無駄(余分) = redundancy
排除する = eliminate / get rid of
より重要な仕事 = more important work
専念する = concentrate (efforts) on
現場の人たちが中心となる = employees in the field play a central role

日本で使われている改善の意味を100%理解するためには、一言で説明することはできません。 上記のすべての表現を使用して改善の意味を伝える例を聞いてください。

In Japanese business practice, there is an activity called “kaizen”, which is considered a philosophy of work. It is an ongoing process of changing execution tools to make it easier, more accurate, or faster. In other words, it is an activity aimed at eliminating redundancy and making our life easier. Field staff play a central role in this.

日本の職場では、「改善」の理念と呼べる活動を行っています。 これは、より効率的、より正確、またはより速く作業するための手段を継続的に変更することを指します。 言い換えれば、それは無駄を排除し、私たちの仕事をすることです。 この活動は、現場の人々が主導します。

外国人社員に「改善」を理解してもらいたいなら、こう説明できますし、その後カイゼンと言えば、相手は「それだけ」と思います。

もちろん、人間は忘れられた生き物なので、外国人社員(日本人も含めて!)が定期的に改善に取り組み、思い出を残せるワークショップがあればいいですね。

286

2. 「改善」を資料・書面で使う

プレゼンテーションを行うときに、PowerPointスライドで「改善」という言葉を本当に使用したいとします。 翻訳で一般的に使用される表現は、継続的改善です。

2-1。 資料や文書で「改善」を使用する悪い例

しかし下図のスライドのように「なんとなく伝わればいいや」と思ってcontinuous improvement とだけ書いてしまうと、「具体性がない」と思われてしまうリスクが生まれます。

話を短くまとめなければならない時など、どうしても改善をcontinuous improvement と訳すことになってしまいますが、長期に渡って一緒に仕事をする相手が読む社内文書くらいはkaizen が何たるかを伝える媒体にしても良いのではないでしょうか。

2-2。 資料や文書で「改善」を使用する良い例
伝えたいニュアンスに対応する英語の表現がないからといって、伝えたいことを単純化することは、コミュニケーションを改善しようとするのではなく、コミュニケーションをあきらめることと同じです。

下のスライドに示すように、思い切ってカイゼンという言葉を使用してから、注釈を付けて意味を書き留めることができます。

注釈を付ける文の最後にアスタリスク(*)を追加します。 この文は注釈で使用されます。

* Kaizen is an ongoing process of performing tasks in order to streamline, improve accuracy and / or speed, thereby
eliminating redundancy.

改善とは、作業方法を継続的に変更して、より効率的、正確、または高速に作業し、無駄をなくし、より重要な作業に集中できるようにすることです。

自分の文化を他の文化とコミュニケーションする際に正確に伝えることは、他の文化を理解して受け入れることと同じくらい重要です。 これから一緒に仕事をする相手との相互理解のためには、「改善」など、相手の文化にない考え方をきちんと説明する必要があります。

異文化コミュニケーション能力は、異文化とのコミュニケーションに多くのことをしなければならないという意識があるかどうかによって大きく変わります。 それは英語を話せるようになるという単純な仕事ではありません。

287
Create a working synergy between different people

3. 改善活動中の会話で使うフレーズ

最後に、現場での改善活動に使える英語のフレーズを紹介したいと思います。

実際に直面している状況で使用できる、または使用したいと思うフレーズがある場合は、流暢に話せるようになるまで、何度でも声に出して繰り返します。 そうすれば、必要なときに無意識のうちに英語が出てきます。

Do you think there is anything we can do to make our daily tasks easier?

日頃の業務に効率化する余地はあると思いますか?

2. We may be able to improve accuracy by using other parts.

違うパーツを使用することによって正確性を上げられるかもしれません。

3. We need to increase the speed a little, get rid of some processes.

いくつかの工程を撤廃することによりもう少し速くできるはずです。

4. This process can be a little redundant.

この工程は少し余分な気がします。

5. Why don’t we train the line 2 workers so that they’ll be able to handle this job?

この仕事ができるように、2番目の生産ラインの全員にトレーニングを受けさせてはどうでしょうか。

6. I figured out a way to speed things up a little.

スピードを上げる方法を思いつきました。

I thought it would be okay if there was no bleaching process at this stage. Don’t you think it’s a little wasteful?

この段階で漂白工程がなくても大丈夫だと思いました。 少しもったいないと思いませんか?

Denny may have an idea to reduce the duration of action. Let’s go call out.

デニーは行動の期間を減らす考えを持っているかもしれません。 声をかけに行きましょう。

9. If my team can get trained on the partition process, we can help to reduce your work.

うちのチームが分離工程の訓練を受ければそちらの仕事を減らせます。

10. We reduced the processing time by 23 seconds per unit.

1個あたりの処理時間を23秒減らしました。

11. We managed to cut operational costs by 80,000 yen per month.

月80,000円の運用費用を削ることができました。

12. Thanks to Dario, we were able to increase productivity by 7%.

ダリオさんのおかげで生産性を7%上げることができました。

4. まとめ

どうだった? 今回は製造現場を想定したコミュニケーション方法を紹介しましたが、実際に移動できるイメージはありましたか?

もちろん、改善は製造業に限った活動ではありません。 この記事が、あなたの分野のさまざまな文化の人々とどのように協力するかを考えているときに、少しお役に立てば幸いです。

 

Rate article