グローバル社会で活躍できる力を育む、小学生の英語学習法とは?

290 870x400
Culture

「これから小学生にどんな英語教育をやればいいの?」など、お子さんの英語教育が気になりますか?

近年、ベルリッツの子どもたちの授業についてお話を伺う方々から、このような質問が増えています。

今日の親の多くは中学校から英語を学び始めており、小学校から英語を学ぶことについて何をすべきかわからない人も少なくありません。

これらの保護者の皆様には、「小学生の英語学習で最も重要なことは、子供の年齢や英語力に合った学習方法、つまり発達段階に適した学習方法を学ぶことです。助言。

たとえば、小学校低学年の子供に、暗記、否定文、質問文などの文法中心の内容から英語を話し始めたばかりの子供を教える場合、これはペンです。私はそれが嫌いです。

逆に、小学生にキャラクターDVDを見せただけでは、全体的な英語力を高めることはできません。

そこで今回は、ベルリッツでキッズイングリッシュビジネスを担当する著者が、子供の発達段階に合った英語学習方法を紹介したいと思います。

小学1~2年生用 3つの英語学習法

幼児から1年生と2年生までの子供は、積極的に音声を吸収するのに適した年齢です。 この時期の学習のポイントは、英語への興味を育み、音声ベースの学習を通じて自然に英語を取り入れることです。

まずは「英語が楽しい!」と感じましょう。 そして「聞く・話す」を中心に学習を進めます。
ここでは、3つの具体的な方法を紹介します。

(1)フラッシュカードで学ぶ
フラッシュカードは、大きな書店の英語コーナーまたはオンラインで購入できます。 フラッシュカードは、大きな書店の英語コーナーまたはオンラインで購入できます。
フラッシュカードを使ったクイズのように、「それはなんですか?」 お子さんに聞いてみましょう。 重要なのは、物事や英語の単語のイメージを、日本語に置き換えることなく、頭の中で直接関連付けることです。

親:What is it?(りんごのフラッシュカードを子どもに見せて)

子ども:Apple.

その上、下のベルリッツのレッスン図に示すように、それを全文で表現できるようにします。

‘It is an apple’と修正してあげた上で、再度お子様に発音してもらいます。
Apple=リンゴのように日本語で訳しながら覚えさせるのではなく、リンゴの絵=Appleと直接認識させることが重要です。

(2)DVDや動画 で英語に慣れ親しむ

日常生活の中で自然に英語に触れることができる環境を作ることは、子供の英語への抵抗を減らし、英語への関心を高めるのに効果的です。

お子様のお気に入りのキャラクターDVDを毎日見せることで、英語の音やリズムを体に浸透させ、英語への関心を高めましょう。

こちらも本屋等で購入することができますし、You-tubeでも子ども英語用の動画が多数アップされておりますので子どもが興味を示すものがあれば、一緒に視聴してみるのもいいでしょう。

なお、日本語が混在している動画は、そのまま英語が理解できない場合がありますので、日本語が表示されない英語のみの動画を選択してください。

(3)絵本の読み聞かせ
大人は子供に英語の絵本をまるで日本の絵本を読んでいるかのように読みます。

かわいいイラストや楽しいストーリーの英語絵本を通して、英語への興味を高め、読書習慣を身につけることができます。本を選ぶときは、子供が興味を持っている本を選び、非常にシンプルな絵本から始めることが重要です。

おそらく、この記事の読者の中には、「私は英語が苦手で、発音も苦手だ」と言いたがらない人もいるかもしれません。

そのような姿勢で子供を扱うとき、子供は「英語は上手に発音されない限り話されなければならないものである」と理解し、子供自身が英語を話すことを躊躇します。

親は「子供と一緒に英語を楽しんでいる」という気持ちで英語を扱うようになると、英語がより好きになり、徐々に上手になります。

小学3~4年生向け4つの英語学習方法

この年齢層では、子供たちは楽しみを求めているだけでなく、知的に楽しみを求めており、物事の抽象的な概念を理解する能力も持っています。

したがって、現時点での学習方法は、4つのスキル(聞く、話す、読む、書く)で英語を学び、知的好奇心を満たし、目標を設定し、達成感を得る機会を提供します。さあ行こう。

(1)フォニックス
フォニックスは、英語圏の子供たちが初めて単語に出会った場合でも、英語の正しい発音を学ぶことができる教授法です。

主に声で勉強している子供たちは、声と文字の規則的な関係を学び、フォニックスを通して自分で読む能力を身につけることができます。

また、読解力を向上させることで、自然に作文力を向上させることができます。

(2)音読
頭の中で英語を読んで練習するだけでなく、実際に口を動かして声を出して読むことで、「知的記憶」を「運動記憶」に変えることができ、学んだことを忘れがたいものになります。
また、音読を繰り返すことで英語に慣れ、実際に英語を話すと自然に口から英語が話せるようになります。

朗読テキストを選択するときは、読むのがそれほど難しくないCD付きの多読本を使用して声を出して読むことから始めます。

(3)本を書く
アルファベット、単語、文章を書く練習をすることで、より思い出深いものにすることができます。
単語をそのままコピーするだけでなく、最初に音を聞いてから声に出して書くことで、より思い出深いものにすることができます。

(4)子供向けエイケンやエイケンなどのチャレンジ資格試験
この頃から、子供向けエイケンやエイケンなどの資格試験をやってみましょう。

ポイントは、簡単なテストから始めて、「できた!」という達成感を持ちながら、徐々に難しいレベルに挑戦することです。

ただし、英語を学ぶ最終的な目標は、資格試験に合格しないことです。

資格試験に合格することが最終目標である場合、「学問としての英語」を習得する必要があり、他者とのコミュニケーション手段として「言語としての英語」を習得することは困難です。なる可能性があります。

英語学習の成果の尺度として使ってみましょう。

小学5~6年生向け3つの英語学習方法
(特に英語が得意な方)

英語が得意な子供には、この時期から英語を学ぶだけでなく、実際に英語を道具として使う機会を増やすことをお勧めします。

教室での授業では「学問としての英語」しか感じられませんが、実際に英語を使ってコミュニケーションをとることで、「言語としての英語」として認識し、実践することができます。あなたの英語力を強化することが可能になります。

(1)多読
多読は、英語を学ぶのではなく、英語で多くの物語を読み、英語の物語をそのまま楽しむ習慣を身につけることができる読書方法です。

多読のポイントは、興味のある非常にシンプルな本を選ぶことです。

1ページで理解できない1〜3語のレベルが適切なレベルです。辞書を調べる代わりに、前後の文脈やイラストから推測してみてください。

途中で混乱したり退屈したりした場合は、無理に読まないで、少し簡単な本や興味のある本に交換してください。

(2)英語日記
日常生活を英語で表現することで、英語を書くことに慣れ、毎日書くことで、語彙や表現力を向上させることができます。

最初は自分ですべてを英語に翻訳するのは難しいので、まずは学んだ英語の文章と多読した英語の文章をコピーしてみましょう。

また、外国人向けの英語レッスンを受講している場合は、定期的に文章をチェックしてもらうことで正確な表現を学ぶことができます。

(3)イングリッシュキャンプ
夏と冬に日本で参加する英語キャンプに参加してください。

日本では日常生活で英語を使う機会が少ないため、「学問としての英語」になりがちです。

ただし、定期的に英語キャンプに参加し、実際に英語を使ったコミュニケーションを体験することで、実践的な英語力を身につけることができます。

英語への関心を高めるのにも効果的です。

ポイントは、子供の年齢、学習レベル、興味に応じてアレンジすることです
子供の発達段階に応じた学習方法の例を紹介しましたが、他にもたくさんの学習方法があります。

お子様の年齢、学習レベル、興味に合わせてアレンジするのがポイントです。上記を参照して、お子さんに最適な学習方法を見つけてください。

子どもが大人になってから10年から20年後、社会は今よりも進化していきます。

小学生の頃からグローバル社会で活躍できる英語力を身につけ、自信を持って子どもたちを送り出そう。

Star Japan Kids & Teens事業部長

Rate article