一度高めた英語力を維持・向上し続ける秘訣

304 870x400
Culture

子供の頃に学んだ水泳、ピアノ、書道などのレッスンはありますか?
サッカーやテニスなど、夢中になったスポーツはありますか?
それと同じかそれ以上の方法でできるなら、いつわりのハートを上げてください!
…手を上げていますか?

メンテナンスされていない道具が錆びるように一生懸命働いて一定のレベルに達したスキルは、長期間使用しないと通常は役に立たなくなります。
言語も例外ではありません。

苦労して身につけたスキルが消失してしまう?

「昔、両親の仕事で海外に行って、地元の学校に行って英語を話しましたが、帰国後は学校の授業以外でしか英語が使えなくなって、すぐに英語が話せるようになりました。 出てこない」

「海外赴任前は集中英会話レッスンに励み、在籍中は英語で働いていました。帰国後はたまに英語でメールを送るようになり、今では外国人と話すことができます。 自信。 ”

ベルリッツのカウンセラーは、これらの懸念について顧客からよく尋ねられます。

一度身につけたスキルを、その後も保ち、高め続けるには

かつて習得に苦労した英語などの語学力を維持したいですか?
お急ぎの方は少しずつできますので、これからも成長していきたいです! 多くの人が言うでしょう。
そのような場合はどうすればよいですか?

このような質問に対して、ベルリッツのカウンセラーは、長い間学習者の悩みに近づいてきた経験に基づいて、次のようにアドバイスします。

1)目標を立てる
2)出力習慣を作る
3)入力を連続的にする

1)目標を立てる

目標と目標がなければ、学習意欲を維持することは困難です。

「次回、英語が必要なグローバルプロジェクトの会員募集がある場合は、応募しましょう。」
「来年の海外赴任の相談に応じて、迷わず行けるように準備しましょう。」
「3年以内に転職しよう」
「この夏、英語圏を一人で旅しよう」

それは数ヶ月または遠い先物である可能性があります。
語学力を維持すれば実現できる楽しい未来をできるだけ具体的に想像してみてください。
それが出力と入力を繰り返すエネルギーです。

2)アウトプットの習慣をつける(スピーキング/ライティングの練習)

「話し相手がいない」「使うシーンがない」などと言われることもありますが、そうでない場合は作ってみましょう。

少し勇気と注意が必要ですが、SNSを介して外国人や日本に住む外国人との交流が容易になりました。
本当に出力に集中したい場合は、毎月の固定オンライン英会話を利用することもできます。

ベルリッツでは、毎月の定型オンライン英会話「Time To Talk *」も提供しているため、毎日の出力の習慣を身に付けることができます。
Time To Talkを使い始めたお客様の中には、月の25日(ほぼ毎日!)に「レッスンで学んだ表現を練習したい」と言うお客様もいらっしゃいます。

「使う機会がないと、レッスンの効果がわからず、復習したくない。話す機会があるので(Time To Talk)、できるシャドウイングに最適です。」
「毎日話していると、口がきちんと動くのがうれしいです。」
「昔の教科書で使っていた話をすると、英語がしっかりと定着しているように感じます。」

出力の重要性は、実際にTime ToTalkを使用している人の声から聞くことができます。

ところで、
「好きなだけ話せると思ったら、レッスンではあまりしないフリートークができます。」
「仕事の終わりにちょっとしたおしゃべりをするのはいいことです。寝る前に英語を話すのは日常茶飯事になっています。」
普段はできないコミュニケーションの場としての効果が期待できるようです!

知らない人と話したり書いたりするのが本当に気が進まない場合は、自分で話したり、英語で日記を書いたりするなど、自分でできることを行うことができます。練習の観点からは、相手の前で話すのが一番です。
ぜひ、積極的にパートナーを見つけて発信する機会を作り、習慣化してみてください。

*ベルリッツでレッスンを受けている方は、Time ToTalkをご利用いただけます。 2018年3月現在、別売りは行っておりません。

3)入力を続行します(読み取り、聞き取り、修正)

一度学んだ表現を使っていると思っていても、知らないうちに語彙が少なくなったり、自分なりに使ったりすることがよくあります。
人間の脳は、めったに使われない表現を必然的に忘れてしまいます。
言い換えれば、語彙と表現力を維持する(できれば改善する)ためには、入力が不可欠です。

小説やニュースなど、好きなコンテンツを使用できます。
メディア、本、ビデオ、または好きなものを使用できます。
とにかく、出力と一緒に新しい文章を読んだり聞いたりする習慣をつけましょう。
変化や新しいものがすぐに出てくる時代に、次々と新しい言葉が生まれています。
現在について話すには、継続的なインプットが不可欠です。

また、月に1回程度の英会話教室で対面レッスンを行い、わがままになった表現を修正し、正確な表現を確認することをお勧めします。
実際、ベルリッツもそのような要求に応えています。
「月に1回、2時間の授業を厳しくチェックしてもらうのはいい刺激だ」とお客様から聞いたところ、「教室をマスターするというのはどういう意味ですか?」とのことでした。やろうと思った。
日常に取り入れてみませんか?

* * * *

自動翻訳がいくら進化しても、ライブコミュニケーションの価値は衰えません。
または、テクノロジーが進化するにつれて、対面での会話の重要性と価値が高まる可能性があります。
生涯学習だと思って、語学力を維持する努力を続けてみませんか?
この記事が、衰退しつつあるスキルを「もう一度磨きましょう」「維持しよう」という気持ちを支えてくれることを願っています。

Rate article