映画で英語学習!3ヵ月でリスニングや会話力を 驚くほど伸ばす方法

English Training

「字幕なしで映画を楽しみたい」
「映画を見れば、勉強を楽しむことができます。」

そう思って映画を勉強し始める人は多いと思います。

しかし、私が始めたとき、
「何を言っているのかわからなかったので、途中でやめました。」
「字幕を見ただけで映画を見た」など、結局英語を学ばなかった方も多いと思います。

映画で学ぶことの難しさは、間違えると効果がほとんどなくなることです。
私の英語はやる気がありましたが、これは時間と労力の無駄でした。

映画を使うときにいくつかのポイントを知っているなら…

楽しみながら学ぶことができます
フレーズや文法を自然に使う方法を学ぶ
覚えているフレーズや単語を忘れにくい
異文化や社会的慣習をシミュレートして体験できます
作品の内容について外国人と話すことができます
のような様々なメリットが得られます。ここでは、映画が大好きな作家が3ヶ月で意外とその効果を実感した学習方法を紹介します。

英語学習に使いたい、映画・ドラマ作品

最初に重要なことは、作品を選ぶことです。 よく言われるように、現代の日常を舞台にした作品を選ぶことが大切です。

アクションなものだと線が少なくて勉強が難しく、少しラフな表現やスラングが含まれがちです。 また、現代の日常の場面では、歴史的なものが奇妙な表現になってしまうことが多いことに注意することも重要です。

また、映画やドラマで迷子になった場合は、ドラマをお勧めします。
その理由は、ドラマにはさまざまな日常生活のパターンが組み込まれており、1つのストーリーが長いため、多くの行が長いためです。
よりリアルな会話を学びたいのなら、「日常のシーン」をもとにした「ドラマ」作品を選ぶのが一番です。

<作者推薦のドラマ>
“友達”
「デスパレートな妻たち」

329

映画で英語力をアップさせる4ステップ

それでは、実際に映画やドラマを使った学習方法を紹介しましょう。

ステップ1。まず、字幕と吹き替え版の内容を理解しましょう
リスニング学習と同様に、入力学習の意味を理解するよりも、音を聞くことを優先することが重要です。
しかし、主題が映画である限り、意味を気にしないのはひどいことです。もしそうなら、思い切って字幕付きのストーリーを理解しましょう。

ですから、もちろん、過去に見たお気に入りの作品を使っても大丈夫です。

ステップ2。音に焦点を合わせ、繰り返し見る
意味を理解したら、次のステップは音を聞くことです。
今のところ、音だけに注目してください。意味がわからなくても構いません。
むしろ、意味を理解しようとすると、日本語に翻訳してしまい、会話のスピードに追いつかず、イライラしてしまいます。

また、聞き取れない行がある場合でも停止しないでください(最初はほとんどの行)。
繰り返し見たり聞いたりすると、だんだん聞こえてきます。
ただ音を聞くことに集中してください。

ステップ3。英語字幕で聞こえる音と実際の内容のギャップを確認してください
聞こえなくなるまで繰り返す場合は、次に英語の字幕を見てみましょう。
聞こえなかった場所だけでなく、聞こえたと思った場所でも違いがわかるはずです。
また、これまでの過程でリスニングスキルが大幅に向上し、今まで理解できなかったフレーズや語彙をたくさん知ることができるはずです。

ステップ4。俳優になって字幕を声に出して読む
最後の部分は音読です。この朗読を声に出して征服すれば

発音とイントネーションが修正されました
その結果、リスニングスキルがさらに向上します。
実際に話すことで、実際の会話に活用できます
映画や演劇を使って英語を学ぶ効果を実感できるはずですので、頑張ってください。

方法はとても簡単です。画面に表示される字幕の設定を英語に変更し、セリフに従って声を出すだけです。
ただし、重要なことは、発音、イントネーション、速度をそのまま模倣することです。

この音読のプロセスに従うことで、ネイティブの声があなたの体に浸透し、その結果、あなたのリスニングスキルがさらに向上します。
もちろん、実際に話すことで、シーンごとに適切な表現を身につけることができます。

3ヶ月で完璧なもの。あなたがしなければならないのはそれを楽しむことだけです。

STEP1からSTEP4への流れを理解しましたか?
STEP 4まで1作品で完結すれば、それ以降のドラマならシリーズ鑑賞が楽しめるレベルになっているはずです。

STEP1からSTEP4までのまとめ学習方法
次に、このSTEPを実行する期間を紹介します。
(これが最短バージョンです。少し遅くしたい場合は、アレンジしてください。)

STEP11日
これは通常の映画鑑賞です。 話を理解してください。

STEP2約1.5ヶ月
音が聞こえるまで繰り返し見てください。
1時間半の映画の場合、1日45分を視聴し、40日間(週に1日休み)20回繰り返します。

STEP3約3日
1日1回視聴してください。 これを3日間行います。

STEP4約1.5ヶ月
英語の声を正確に真似できるレベルまで。
1時間半の映画の場合、1日45分を視聴し、40日間(週に1日休み)20回繰り返します。

この後、わからない表現があっても、字幕なしで楽しめるレベルになっているはずです。

330

よくあるご質問

Q1私は英語の初心者ですが、映画やドラマを使っても大丈夫ですか?

A1残念ながら、あまりお勧めできません。
結局、中学校レベルでの読解力と語彙を理解できるレベルが望ましい。
また、可能であれば、以下のリスニング学習方法を使用して、レベルに合った1枚のCDを完成させると、学習効率が高くなります。
→リスニング学習のコツはこちら

Q2音が聞こえる状態はどうなっていますか?

A2:話すと、そのまま真似した状態になります。
音に集中して繰り返して聞くと、ほとんどの線がこの状態になりますので、頑張ってください。

Q3:何回見ても意味がわからない場合は、辞書で単語を調べて覚えておく必要がありますか?

A3もちろん、余裕があればやったほうがいいのですが、必須ではありません。
他のシーンや作品にも重要な表現が出ており、自然にわかりやすく、記憶に残る表現です。
STEPをしっかりと進めることに重点を置いています。その後、楽しみながら、語彙やフレーズを自然に増やすことに集中してください。

日本語訳なしで映画を観る日は今のところないかもしれません…! ??

Rate article