英語での価格交渉で役に立つ!ネゴシエーション必須フレーズ35選

331 870x400
Business

交渉といえば、「価格交渉」や「契約交渉」と関係がありませんか?

さらに、グローバルビジネスにおいては、コミュニケーションとしての英語力が不可欠です。グローバリゼーションの昨今、あなたがそれを担当しているかもしれません。
交渉には高度な技術と交渉が含まれます。しかし、その前に、まず第一に、英語交渉の基礎として、次の3つのポイントを絶対に保持する必要があります。

1. 1.レベルダウンテクニック(相手の英語レベルを自分に合わせて調整する)
2.あなたの意図と条件を伝え、相手の意図と条件に耳を傾けます。
3.3。不明確な点を明確にします。

日本語は当たり前ですが、英語はこの点を注意深く押さえる必要があります。ここでの間違いや誤解、またはコミュニケーションの欠如は、誤解につながる可能性があり、最悪の場合、不可逆的な状況につながる可能性があります。
本日、ベルリッツでビジネストレーニング(BBCS)を担当する著者が、このような真剣な交渉の前に「抑えなければならない」という英語の交渉フレーズを持っています(日本人ですがアメリカ人です!)。

本日紹介したフレーズを覚えていれば、英語力が低くても相手の意思や条件を確認しながら交渉を進めることができるので、紹介したフレーズを自分の状況に置き換えて、声を出して繰り返し練習することを想像してみてください。

音声付きなので、話す速さや強さの調整方法を真似てみましょう。聞こえる音のリズムやイントネーションを模倣(オーバーラップ)するのが効果的です。

*この記事は2014年5月16日に公開された記事に追加されました。

レベルダウンテクニック

レベルダウンテクニックは、対等な立場で英語でのコミュニケーションが難しい場合に使用するテクニックであり、相手の英語レベルを自分に合わせて調整するテクニックです。
相手の英語が聞こえずに交渉を続けることは避けなければなりません。 特に英語の交渉に自信がない場合は、レベルダウンテクニックを使用してみてください。 このテクニックの具体的なフレーズを紹介します。

Wait a minute … You are speaking too fast for me.

ちょっと待ってください。私には速すぎて(聞き取れません)。

Wait a second … Could you slow down a bit?

ちょっと待って。 減速してください。

Sorry. Could you speak a little more slowly?

ちょっと待って。 もっとゆっくり話してもらえますか?

Sorry. I did not catch what you said.

ごめん。 あなたの言うことが聞こえませんでした。

自分の意思・条件を伝える、相手の意思・条件を聞く。

今回は、主に値引き交渉や契約交渉で使われる具体的なフレーズを紹介します。
交渉において、このフレーズは、将来起こりうるすべての状況を想定して、契約の条件を設定する場合に役立ちます。 また、交渉における譲歩のフレーズを紹介します。

値引き交渉の場合

That’s expensive. Could you lower the price?

価格が高いです。 少し安くしていただけませんか。

Could you be a little more flexible (about the price)?

価格の高い部屋を頼む(安くはないですか?)

How much will we need to pay during the trial period?

試用期間はどうなりますか?

How do we win if we register during the campaign period?

キャンペーン期間にサインアップした場合、何かメリットはありますか?

契約交渉の場合

What can you offer?

何か提案はありますか?

Would you give it to us for a 4 month free trial?

最初の4ヵ月はトライアルで無料にしてください。

Is the fee for this service fixed or based on success?

このサービスは固定報酬ですか?それとも成功報酬ですか?

Can we upgrade from fixed to conditional payments?

固定報酬から成功報酬に変更しますか?

There is no obvious benefit. Can you suggest us a little more?

それでは利益がでません、もう少しいただけませんか?

Is it possible to extend the term of the contract?

契約期間を延長していただけませんか?

Can the contract term be shortened from one year to six months?

契約期間を一年から半年にしてくれませんか?

How long will the contract be on these terms?

この条件だと契約期間はどうなるのですか?

How about these terms?

この状態はどうですか?

I’m sorry. It looks like we can’t agree.

もう取引できません。

譲歩フレーズ

We can be flexible about (the length of the contract).

(契約期間)は譲歩することができます。

I am afraid that we wouldn’t be able to agree to those terms.

これらの条件を妥協することはできません

We appreciate that. Thank you.

その条件を譲歩していただき感謝いたします。(相手が譲歩してくれた場合)

不明点を明確にする。

交渉の際に質問を残さないでください。 このような場合に役立つ「確認フレーズ」をいくつか紹介します。 また、交渉でよくある表現は「上司と話させて」です。 交渉では、自分で判断できない状況があります。 不安にならないように、「はい、はい…」と言ってください。

Just let me check that…

このことについて確認させてください。

Could I just confirm?

確認させていただいてもいいですか?

Could I confirm my understanding?

私の理解を確認してもいいですか?

So what you’re saying is…

・・・について確認させてくれますか?

So let me get this straight…

・・・は確かですか?

Let’s just check that we all have the same understanding of what we agreed on …

同意を確認させてください。

Could you explain that word?

その言葉を説明できますか?

What do you mean by…?

・・・はどういう意味ですか?

I don’t understand…

・・・を理解できません。

その場で返事ができない時(自分で判断できない場合)
Could you please allow me to clarify this with my boss?

この件は上司に確認させてください。

Please contact the person in charge for more information.

詳細については担当に確認させてください。

Please allow me to review (this price) and I will contact you.

(価格について)は社内で検討させてください。

どうですか?英語の交渉に役立つフレーズを紹介しました。
英語が苦手な方は、事前の準備状況によって交渉が変わります。
目を閉じて交渉の状況を想像し、その状況の中で今日のフレーズを繰り返し読み上げてください。
次に、鏡の前で表情や身振りを練習することをお勧めします。過剰行動はちょうどいいです。他の人が理解しやすくなり、説得力が増します。

* * * *

より現実的な状況で交渉スキルを磨きたい人には、ベルリッツはビジネストレーニング(BBCS)コースをお勧めします。
目的を設定し、事前に交渉を成功に導く準備をし、取引や譲歩に必要な表現を理解し、それ以外の方法で交渉を進めるスキルを向上させることをシミュレートするコースです。

ベルリッツブログは今後もビジネスシーンに役立つコンテンツを提供していきますので、お楽しみに!

Rate article