英語で「了解」「わかりました」「承知しました」を状況に合わせて使い分ける表現27

43 870x400
ビジネス英語

「OK」や「OK」など、謝辞を返すための英語の表現はたくさんあります。 日本語で「OK!」 カジュアルな感じですが、英語では表現ごとにニュアンスが違うので、「Awesome」がフォーマルな印象を与えます。

この記事では、状況に応じて「OK」「OK」「OK」を使用する20以上の表現を紹介します。 例文には音声も含まれていますので、聴きながら声を出して練習してください!

カジュアルにもフォーマルウェアにも使える頻繁な表現

・OK41 300x225・Sure
・Of course

・Will do
・No problem
・Understood
・Absolutely

ここでいう「OK」「Sure」などの表現は、日常生活でよく使われます。 これらの表現はカジュアルシーンやフォーマルシーンで使用でき、そのニュアンスは文脈やトーンによって決まります。

明るい音色で屈曲を上げるとカジュアルに聞こえ、低い屈曲で落ち着いた音色で使うとフォーマルに聞こえます。 音声と一緒に使用例を確認してみましょう。

【例文:さりげなく使ったシーン】

A1: Can you do me a favor?
B: Of course! What do you need?
A: I cannot find the file you sent me … could you please again?
B: No problem! I will send it now!

A:少しいいですか?
B:わかりました、何が問題なのですか?
A:送信したファイルが見つかりません。もう一度送信していただけますか?
B:もちろんです! すぐに送ります。

【例文:正装に使用するシーン】

A1: Could you take these bags to my room?
B: No problem. Will there be anything else?
A: Yes, I would like a table at Nico Osteria.
B: Of course. Our concierge will be happy to do this for you.

A:これらの荷物を部屋に持って行ってもらえますか?
B:もちろんです。 他にご要望はありますか?
A:はい、ニコオステリアというこのレストランを予約したいと思います。
B:わかりました。 コンシェルジュが喜んでお手伝いいたします。

さりげなく使われる表現

・Sure thing!
・Yeah! / Yup!
・Got it!

確かに、物事はかけがえのない答えになります! 賞。

【例文】

A: Could you go over this draft report and check that it’s okay?
B: Sure thing!

A:このレポートのドラフトを確認していただけますか?
B:もちろんです!

正式に使用されることが多い表現

・Certainly
・I’m on it.

これらの式は、比較的正式なコンテキストで使用されることがよくあります。 「私はやっている」ということはよく知らないかもしれませんが、ビジネスシーンでは、上司からの「今やっている」や「すぐにやる」という指示に答えるために使用されます。

【例文】

A: Could you please report this situation to the IT department immediately?
B: I’m in it.

A:この状況をすぐにIT部門に報告できますか?
B:わかりました(すぐにやります)

★「なるほど」のニュアンス
最も一般的に使用される表現の1つは、「なるほど」です。 これは「OK」と翻訳できますが、「なるほど」という(軽く)説得力のあるニュアンスが含まれています。

「同意する」という意味の表現

・Sounds good.
・I agree.
・Sounds like a [good] plan.

これまでに紹介した「もちろん」「もちろん」などの表現は、「理解している」「相手の要望を受け入れる」という意味が強い。 ただし、「いいね」などの表現。 そして「同意する」。 「上記で紹介した」は、「同意する」という意図を含むことを特徴としています。 「」

【例文】

A: Will we have a welcome party for new employees at the end of this month?
B: Sounds good!

A:今月末にウェルカムパーティーを開催してみませんか?
B:いいね!

「認める/認める」というニュアンスのある表現

・I understand
・I accept –
・I acknowledge –

これらの表現は、日本語の「わかりました」に似ています。 強く同意するか否かにかかわらず、相手の意見や発言を「認める」というニュアンスがあります。

【例文】

A: I would like to play an important role in this meeting.
B: I understand.

A:すみません、重要な会議だと思いますが、家族の緊急事態のためにスケジュールを変更してもらえますか?
B:わかりました

★ “Understand”の用法
これまで、「理解する」という言葉が何度か出てきました。 使い方によってニュアンスが違うので確認してみましょう。

・Understood. ・・・「了解」という”OK”に近い意味
・I understand. ・・・状況を「受け入れる」「認める」というacceptに近い意味
・I understand ~ ・・・「~を理解する」というunderstand本来の意味

「自信のない」表現

・I sort of understand.
・I think I’ve got it.

これらの表現には、「(自信がない)大丈夫かもしれない」というニュアンスが含まれています。

【例文】

A: Do you have any questions so far?
B: Hmm… I think I’ve got it…

A:これまでに質問はありますか?
B:たぶん大丈夫です…

日常生活ではあまり使われない表現

・Copy (that)
・Ten-four
・Roger (that)
・Affirmative
・Aye-aye sir

日本語では「OK」は「ラジャ!」と呼ばれることもありますが、まさに「ロジャー」です。 なお、これらの表現は、軍や警察官が使用する表現に由来するものであり、日常生活ではめったに使用されません。

日常生活で使うと、ユーモアを交えて反応する時など、かなりカジュアルなシーンになります。

42
Hand Holding Wooden Letter – OK

【例文】

A: Unit two, assess the situation then report back. Over.
B: Copy. Over.

A: 2号車、状況を確認して返答せよ。以上。
B: 本部、了解した。以上。

使う時は要注意な表現
・I’m aware of that.
・I know.

最後に、使用時に注意が必要な表現をいくつか紹介します。 これらの表現は「わかりました」という意味ですが、言い方によっては「知っている((私)はそんなにバカじゃない)」と戦う意味にとらわれるかもしれません。 使用するときは、文脈や言い回しに注意してください。

【例文】

A: Our sales are gradually decreasing.
B: I’m aware of that! So what are we going to do about it!

A: 売り上げが少しずつ下がっています。
B: そんなこと知ってるよ。だからどうするんだよ!

*** ***
これまでに20種類以上の「OK」表現を紹介してきました。 文脈や場面に合った表現ができれば、相手の信頼を大幅に高めることができるかもしれません。 例文を声に出して読んで練習してください!!

Rate article