在宅オンライン英会話を始めるときに、使えるフレーズ50選

339 870x400
Culture

「英会話を始めようと思っていたのですが、今から教室に行きます…」
「私は英語を話していませんが、突然オンラインで外国人と話します…」
「自分の言っていることがわからなかったら恥ずかしいなぁ…」

自宅でできるオンライン英会話はとても便利なサービスですが、英語の初心者は「オンラインでしか先生とコミュニケーションが取れないのか」と心配するかもしれません。そして「レッスンが怖い!」ではないですか?

実際、「レッスンの最初から最後まで」オンラインレッスンでよく使われる50のフレーズを覚えるだけで、その不安は大幅に解消されます。

もちろん、それを使えば、突然英会話がフラットになるわけではありませんが、オンラインレッスンの不安が解消されます。さらに、これらの50のフレーズの半分は、すでに知っているほど簡単なので、簡単に覚えることができます。

これらの50のフレーズは、ベルリッツの教師が英会話の初心者向けに設計したもので、学生が困らないように、オンラインの英会話レッスンが心配な人やすでにレッスンを受けている人のために用意されています。ただし、とても便利なフレーズなので、レッスンの前に必ずブックマークして声を出して練習してください。
※この記事は、2014年3月7日に公開された記事に追加されました。

レッスン開始時の挨拶のフレーズ(初めての教師)

初めてのレッスンや先生との初めての出会いに使える表現です。
また、ファーストネームやニックネームを教えていただければ、太郎と呼んでください。
先生までの距離が短くなるので、恥ずかしがらずに言ってみよう!

Hello. My name is Taro Yamada.

こんにちは。 山田太郎です。

Please call me Taro.

太郎と呼んでください。

How are you?

元気ですか?

Good. Not too bad.

大丈夫。 (お元気ですか?)

レッスン開始時の挨拶のフレーズ(二回目以上の教師)

教師が複数回行う場合は、レッスンに精通していることをお勧めします。

How have you been? / What’s up? / How’s it going?

元気ですか?

教師の言葉が聞き取れなかった時のフレーズ

理解できないこと、聞こえないことを残さないでください
先生にきちんと教えて教えましょう。

Pardon? / Sorry?

写真?

Could you say that again?

もう一度繰り返してください。

Your voice is choppy.

エコーは素晴らしいです。

Could you speak more slowly?

もっとゆっくり話して下さい。

Could you speak up, please?

大きな声で話します。

I’m sorry but I didn’t get that.

すみません、聞こえませんでした。

Please explain it more simply.

もっと簡単に説明してください。

Could you type it in the chat box?

チャットボックスに入力していただけませんか?

音声に問題がある場合に使うフレーズ

オンラインレッスンでは、インターネット接続に問題があるため、聞き取りにくい場合があります。
次に、このフレーズを使用して、先生と調整します。

Can you hear me?

私の声が聞こえますか?

I can‘t hear you clearly.

よく聞こえません。

This line is quite noisy.

騒音はかなりひどいです。

Could you repeat that?

声が途切れる。

Could you call me back?

再度かけ直してもらえますか?

話す前に考える時間が必要なときに使うフレーズ

このフレーズは、答えたり話したりする前に時間が必要な場合に使用されます。
だまされるのは良くありません。考えながら言葉を言いましょう。

Well… / Let’s see… / Let me see…

ほら 、、、

Hang on a moment.

少しお待ちください。

Let me think for a while.

少し考えさせてください。

回答が思い浮かばないときに使えるフレーズ

沈黙しているのは、教師がオンラインレッスンに対応するのが難しいということです。
わからないことを伝え、レッスン時間を効果的にするためのヒントが必要です。
I have no idea.

全くわからない。

This is too difficult for me.

これは私には難しすぎる。

Could you please give me an example?

いくつか例を挙げていただけますか?

Could you give me a hint?

ヒントを教えていただけますか?

Please correct my mistakes?

間違いを訂正してください。

Is this wrong?

これは間違っていますか?
Is this correct?

これは正しいですか?

レッスン内容の希望や変更を伝えるとき

あなたが英語に不慣れであるという理由だけで、躊躇しないでください。
先生にどんどんリクエストしてください。 たとえば、あなたの仕事が英語を必要とする場合
先生に頼むこともできます。
I would like to work on unit number 15 today.

今日はユニットNo.15をやりたいのですが。
Could you do a review of the last lesson?

前回レビューしてもらえますか?

I would like to have a conversation lesson about Current Events.

最近のニュースについて会話レッスンをしたいのですが。

I would like to prepare for my next meeting which is about Sales Figures.

次回は職場の打ち合わせで販売量についてお話ししますので、その準備として本日のレッスンを受講したいと思います。

I would like to prepare for a business trip to the US.

今日はアメリカへの出張に備えてレッスンを受けたいと思います。

I would like to focus on practicing pronunciation.

発音練習をしたいのですが。

単語のつづりや発音を質問したいとき

このフレーズは、綴りと発音をチェックするために使用されます。

How do you spell that?

それは何を綴っていますか?

How do you pronounce that?

どう発音しますか?

言葉の意味が分からなかったとき

What does “○○“mean?

「○○」とはどういう意味ですか?

I don’t understand what you mean.

どういう意味かわかりません。

Could you explain that again?

もう一度説明してもらえますか?

教師の言っている事がわかったとき

質問をして、見つけたらそれを使ってください。

I understand.

わかりました。

I agree.
I think so.
私もそう思います。

レッスンの終了時に

レッスンの最後に、宿題を確認し、レッスンに感謝の意を表します。
この態度は、授業以外で信頼関係を築くために重要です。

What unit number should I prepare for the next lesson?

次のレッスンのためにどのユニットを準備する必要がありますか?

Thank you for your lesson.
I enjoyed my class today.
楽しいレッスンありがとうございます。

See you. / Goodbye.

さようなら。

Have a nice day.

良い1日を。

Have a good night.

いい夜を過ごしてください。
Have a nice weekend.

いい週末を過ごしてください。

まとめ

本日紹介したものは、短いフレーズがほとんどで、覚えるのも難しくはありませんし、たとえば、Could you speak more slowly?といって、他の人にゆっくり話すように促すフレーズは、実際の電話会議でも使用できるフレーズです。
紹介するフレーズはすべて、実際のビジネスシーンで使用できるフレーズです。
繰り返し声に出して発音し、自然に出てくるように覚えておきましょう!
Have a nice day!

* * *
ベルリッツのマンツーマンレッスンは、自宅でも外出先でも受講できます。 言語の向上を徹底的に追求する教室でのマンツーマンレッスンの質は変わらないので、他のオンラインレッスンとは少し異なります。
チャットするだけでなく、各レッスンの目標を設定する
正しく伝わるまで何度も練習するので、状況に合った文法や表現を身につけることができます。
中国語、フランス語、スペイン語などの10以上の言語でのレッスンをサポートします
ご自宅で受けられる無料相談(オンライン)をご用意しております!

Rate article