英語でサッと注文。旅行中の食事を楽しくするフレーズ35

344 800x400
Culture

注文する = Order some food

食事は海外旅行の素晴らしい味の一つです。 あなたはウェイターをどうするかを心配することなくリラックスしたいです。

今回は、覚えていればレストランでかっこよく早く注文できる英語のフレーズを紹介します。
それぞれの状況で無意識に口を言うことができるように、口を覚えるまで声を出して繰り返し練習することが重要です。
制作では一目見ただけでは出てこないので、声と同じ速さで言えば練習してください。

1. 着席してすぐに使うフレーズ

レストランの入り口から席に案内され、席に着きます。 しかし、メニューが見つかりません。 ウェイターが忘れたと思ったらすぐにこう言ってください。

Could I take a look at the menu?

メニューを見せてくれませんか。

後でもう一度ウェイターに電話して、今日のおすすめの食べ物を聞くのが少し面倒だと思う場合は、ウェイターが出発する前に聞いてください。

What’s the special of the day?

今日のオススメはなんですか?

2. メニューを見ている時に使うフレーズ

外国人と食事をするときは、食べ物を選ぶ際の重要な会話の時間です。 次のフレーズを使って、まるでメニューを見ているかのように英語で食べ物を選ぶのを楽しんでください。

Let’s see what we have here …

私は何をすべきか …

What are you going to get?

何してるの?

I think I’ll have the Smoked bacon cheese burger.

スモークベーコンチーズバーガーにしましょう。

I’ll have the same.

私もそれにします。

何を注文するかについて話し合ったら、ウェイターに少し大きな声で電話する必要があります。 このような場合には Excuse me の短縮版、 ‘Scuse me の方が大きな声で言い易くなります。

Let me get the waiter. ‘Scuse me!

それなら私はあなたに電話します。 すみません!
ウェイターがテーブルに来て、食べ物がまだ決まっていないときに何が起こっているのかを確認する場合は、次のように伝えます。

Could we have a little more time to think? They all look so good.

もう少し考える時間をください。全部美味しそうで迷っちゃいますね。

3. 注文する時に使うフレーズ

自分の食事だけでなく、相手との食事もすぐに注文できたらいいですね。 以下は、注文時に使用する基本的なフレーズです。

I’d like the House Salad.

ハウスサラダが欲しいのですが。

I’ll have the Smoked bacon cheese burger and she’ll have the Cream sauce pasta.

スモークベーコンチーズバーガーとクリームソースパスタが欲しいです。

We’ll both have the Onion soup. / We’ll all have the Onion soup.

オニオンスープを二人前ください。 / オニオンスープを全員分ください。

4. アレルギーなどを伝える時に使うフレーズ

アレルギーや苦手な食べ物を伝えれば、大抵なんらかの対応をしてくれます。以下のフレーズを使って自分に合った料理を用意してもらいましょう。

Could you leave me the pickles?

ピクルスは抜いておいてください。

Does it contain shrimp or crabs?

エビやカニは入っていませんか?

She is allergic to dairy products. What does she have?

彼女は乳製品にアレルギーがあります、彼女は何を食べることができますか?

アレルギーなど問題のない料理を提供されたら、このように素早く答えましょう。

Then I’ll have that.

じゃあそれをください。

5. 食べ方を聞かれた時に使うフレーズ

ステーキを注文する場合は調理方法を尋ねられ、朝食用の卵を注文する場合は次のように卵を食べる方法を尋ねられます。

How would you like your steak? / How would you like your eggs?

ステーキを焼いてみませんか? /どうやって卵を食べますか?

答えは簡単です

Medium, please. / Poached, please.

ミディアムでお願いします。 / ポーチドエッグをお願いします。

I’ll have it rare. / I’ll have it scrambled.

レアでお願いします。 / スクランブルエッグをお願いします。

6. 料理・飲み物を勧められた時に使うフレーズ

ウェイターは時々次のように食べ物や飲み物をお勧めします。

What side would you like? / Would you like something to drink? / Would you like something for dessert?

サイドメニューはいかがですか? / 飲み物はいかがでしょうか? /デザートはいかがですか?

おかずや飲み物の種類は非常に多く、ほとんどのお客様が覚えているだけなので、どのような種類やおすすめをすぐに尋ねることができます。

What do you have?

何がありますか?

What do you recommend?

何がオススメですか?

Which wine goes well with my dish?

どのワインが私の料理と合いますか?

Craft beer sounds good.

クラフトビールにします。

もし特に必要ないと感じたら、以下のフレーズを使ってやんわり断りましょう。

I think I’m fine now.

今のところ大丈夫です。

7. トラブル対処に使うフレーズ

食べ物がなかなか届かず、頼まなかった食べ物が持ち込まれ、皿が落とされました。 トラブルは起こることです。 次のフレーズを使用して、適切に対処してください。

We’re still waiting for our pasta. Could you check with the kitchen?

パスタはまだ届いていませんが、キッチンでチェックしてもらえますか?

I don’t think this is what I ordered.

これはあなたが注文した料理ではないかもしれません。

 

ご注文いただいたお料理でなくても、見ているので美味しそう! もともと注文したものが作られるのを待つのではなく、今すぐ食べたい! このような場合は、このフレーズを使用してください。

It looks good, though. I’ll have it anyway.

でも美味しそうですね。これをいただきます。

間違えて食器を落としてしまったら、こうやってウェイターに伝えます。

Sorry, I dropped the plug by accident. Can I get another one?

すみません、間違えてフォークを落としてしまいました。新しいのをいただけますか?

8. ウェイターが様子を見に来た時に使うフレーズ

食事の準備ができた直後、ウェイターは何が起こっているのかを見に来て言った

How is everything? / Are you all OK over here?

すべてはどうですか? /ここで大丈夫ですか?

お食事はいかがですか?

 

「大丈夫」と言うのもいいし、ここに来たのでもう一杯飲むのもいい。 多くのアメリカ料理店では、好きなだけソフトドリンクを提供しています。

Everything is great, thank you.

すべてが素晴らしいです、ありがとう。

Could we have some water?

お水をいただけますか?

Could I have a refill for my coke?

コーラのおかわりをいただけますか?

Can I have another cup of coffee?

コーヒーのおかわりをいただけますか?

May I have a look at the dessert menu?

デザートメニューを見せていただきますか?

9. 帰り際に使うフレーズ

海外では、日本よりも食料の量が多いです。 しかし、すべての地元の人々がそれを食べることができるわけではありません。 そのため、ほとんどのレストランでは持ち帰り用の箱を無料で提供しています。 ホテルに戻ったら、夕食のために保存しておくことをお勧めします。

Could I have a box for this?

持ち帰り用の箱をください。

Could we get our check?

お会計お願いします。

また、帰り際にウェイターがこう言いに来ます:

Thank you for coming today. / It was a pleasure to serve you tonight. / I hope you had a wonderful evening.

本日はご来店ありがとうございました。

 

その際、感謝の言葉やコメントも加えて目で見ていくとスムーズになります。

Thank you for a lovely meal. / Thank you for a lovely evening.

こちらこそ、楽しい食事をありがとうございました。

I especially liked the cheese burger. I’ll have to come again.

チーズバーガーは特に美味しかったです。 また来なければなりません。

ウェイターによっては、ここで「近所に住んでいますか?」などのちょっとした話を切り取ることがあります。 ウェイターもいつもより少し気持ちの良いゲストと話したいです。 旅行前に記事のフレーズを覚えておけば、地元のコミュニケーションをもっと楽しむことができます。

いらっしゃいませ!

Rate article