奥様海外駐在体験談シリーズ:香港編

376 620x400
生活

夫の海外赴任に同行し、海外生活を体験した妻の体験を紹介するシリーズ第3弾は、中国の香港に配属された妻! 日本と同じアジア地域にありながら、香港は学校の条件、社会制度、子供たちのライフスタイルがまったく異なります。

そのような環境に住み適応した妻の話を読んで、夫がいつ海外に引っ越すことを決心したか想像してみてください。

◆この面接に協力した経験豊富な海外赴任◆
恵子さん(仮名)
割り当て国:中国(香港)
期間:2008年7月-2014年6月
家族:夫、息子

1. 性格柄、なにかと心配事もあった香港生活

恵子は、金融会社で働く夫と一緒に香港での生活を始めました。

香港だけでなく、アジアに住んでいるとメイドさんや運転手さんを雇わないといけないところもありますが、人に聞いてもらえず、メイドさんでも理解できないところがあります。言語。彼は彼と一緒に暮らすのは気が進まないと言った。ですから、所属している日本人会に相談したところ、アルバイトを雇うことができました。

「メイドも運転手も悪い人ではありませんでしたが、運転手がまだ子供を誘拐しているという話を聞いたので、どんなに上手くても信頼できませんでした。学校の子供なので、自分でやった」

あなたが中国に行くとき、あなたは日本人であるために差別されるかもしれません。多くの人が心配しています。差別などの問題についてケイコに聞いた。

「香港の人は日本人や白人を尊敬する傾向があると感じていたので、攻撃的に差別されることはありませんでしたが、かなりよく受けました。地元の人からの差別ではなく、より多くの人を受け入れました。私が住んでいる住宅地の駐在員にランクインしていること。「さん」の見方にもっと興味がありました。

ケイコは香港に約6年間住んでおり、その間、数人の駐在員の妻が帰国するのを見たと彼女は言った。

「日本に比べて街は汚れています。多くの人がこの環境に耐えられませんでした。」

恵子さん自身は旅行中は主に車を使っていたので、匂いは気になりませんでしたが、香港に来ると多くの日本人が驚いているようです。また、特別警備が悪いとは感じておらず、駐留中も大きなトラブルはありませんでした。

377

2. 現地で少しずつ身につけていった広東語と英語

「私は中国語にあまり問題はありませんでした。私も息子も特別な中国語を学びませんでした。しかし、香港には語学学校がたくさんあるので、学ぶ機会がたくさんあります。学校。その上、講師や大学のコースがあります。香港香港の公用語は中国語なので、長生きを考えているなら中国語を話せばいいです。乗るときに必要なので少し話せますが、実生活で学びました」と恵子さん。

香港の多くの人は、お互いを知ると親戚のように私を扱い、完璧でなくてもコミュニケーションをとることが重要だと彼は私に言いました。圭子さんは、広東語をもっと話せたらもっと理解できたのではないかと少し残念に思います。

それどころか、恵子も息子も苦労したのは英語だった。特に息子はインターナショナルスクールに通っていたので、最初は家庭教師を雇って英語を勉強しました。ただ、香港の家庭教師は高給で、いつまで続けたいのかと思い、学校の先生が家庭教師をできる制度があることを知りました。お母さんの友達から情報をもらい、人気の先生に息子の指導を頼むことができたようです。

「息子の学校の入学試験では、両親も面接を受けたので、少し答えられるように勉強しました。入学後は、主に先生とメールでコミュニケーションをとっているので、話すのではなく文章を書いています。 。私がそれをすることができれば素晴らしいでしょう。」

また、私の息子は、補助学校(日本語学校に通わない子供たちが土曜日と日曜日に日本語、日本の文化、歴史などを教えるために行く)と日本の学校で勉強するように教えることができます。彼はまた日本の学校に通った。

「帰国後、日本の学校で帰国者の入学試験を受けるために塾に通う家族が多かった。英語、中国語、日本語の3か国語を学んだ家族もいた。成績が良くなかった子供たちはかつて、中国語を学校から辞めるように言われました。」

恵子さん自身、ある程度英語が使えるようになったとのことですが、実生活でほとんどのことを学びました。

「英語が得意な母の友達の言葉を真似て、よく聞いて覚えています。一生英語が本当に話せる気がします。子供の学校以外は英語がまったく使えません。」

3. 香港に馴染み、成長や変化があった

香港に来て久しぶりで、恵子はよく「変わった」と思いました。

「まず、トラブルシューティングを大幅に改善しました。しばらく動いていないのですが、サービスを評価する習慣があります。香港のサービスは本当にピンク色なので、向こうの店は良い。私は他の妻と情報を共有していました。たとえば、病気の世話をしなければならない場合、どの医者が良いかなどです。」

恵子さんによると、医者を上手に選べば、日本よりも良い治療が受けられるかもしれないそうです。実は、恵子さんの息子はぜんそくに悩まされていましたが、知人に気管支教祖の先生を紹介してもらい、質の高い治療を受け、ぜんそくを完全に治しました。

また、香港の街の道端には漢方薬を売っているお店がたくさんあり、気分が悪くなってすぐに買いに行けて良かったと言われています。

「最初は日本から薬を持ち込んでいましたが、香港の薬の方が効果があり、効き目が良いようです。漢方薬も試しました。最初は用心深く、漢方薬を購入していました。効果があるとすぐにわかりましたが、何か問題がありました」と恵子さん。

「漢方薬が苦手な方は、まずは「漢方茶」をお勧めします。お茶なので飲みやすく、効果も抜群です。お父さんが遊びに来た時は咳が止まりませんでした。 。咳茶を買って飲んだとき、咳が止まったことに驚いたのを覚えています。」

普段はチェーン店などで原料となる漢方薬や乾燥品を販売しているので、漢方茶の魅力を理解した後、自分で漢方薬を作ることもありました。

78

4. ふっ切れてからより楽しくなった香港生活

香港での生活に慣れてきた息子は、日本人学生が少ないインターナショナルスクールに入学しました。それに応じて移動しました。

「新しい住む場所は駐在員の少ない地域でした。日本人が少ない場所に住むのが心配でしたが、新しい場所で出会った地元の人や香港に永住している日本人に会いました。駐在員社会とは違う世界に触れたので、これまで以上に香港で楽しく過ごせました。」

彼は「駐在員」としての立場を離れ、周囲の人々の言うことを聞くことができなくなったようです。

恵子はその時までに香港に完全に精通していた。夫は任期満了後、日本年に応じて帰国したようですが、海外の学校の学年が6月末なので、息子と一緒に学校が終わるまで香港に滞在していました。年。

「ここ半年は夫がいなかったので、ホテルが運営するマンションのようなところに住んでいました。人生が気になる方は、こういうところに住むのがいいと思います。 「」

息子と一人暮らしで快適な時間を過ごせたようです。

5.日本ではできない経験をして、一回り大きくなった

香港での生活を振り返り、恵子が語る。

「初めて住んでいるので、戸惑いや不安がたくさんあります。特に香港は小さくて雑然としていてストレスがたまりますが、狭い場所に密集しているので便利です。そういうわけで、香港人の多くは合理的な考えを持っていると思います。日本に帰国すると、日本人は親切で礼儀正しいですが、マニュアルによると少し柔軟性があります。そこにないものがあります。 「」

香港に6年間住んでいた恵子さんに「また住みたいですか?」と聞いてみました。

「はい。ようやくそこでの生活に慣れ、リラックスできたときに帰国したので、取り残されたと思うことがよくあります。広東語を少し学び、少し学びました。日本では少し無邪気でしたが、香港では知らなかった世界に飛び込むことで、色々と考えることができるようになり、世界について考えることができるようになりました。とても大変な経験だったと思います。私の性格はかなり荒くなりました。「ケイコは笑顔で答えました。

 

帰国から1年後、恵子は中華料理の習得に専念しています。

Rate article