奥様海外駐在体験談シリーズ:ロンドン編

378 724x400
生活

夫が突然海外赴任について話したらどうしますか?

「あなたはどのような国に割り当てられていますか?」
「どうやって生きたらいいの?」
「子供の学校はどうですか?」
いろいろ考えます。 よくわからないと不安になるかもしれません。

そのような場合、私たちの先祖の知恵を頼りにすることができます!

夫の海外赴任を実感し、海外に住む妻から聞いた実体験を紹介する「妻の海外駐在員体験物語シリーズ」。

二度目は紳士の国、イギリスのロンドンに配属された妻です。

◆この面接に協力した経験豊富な海外赴任◆
純子さん(仮名)
割り当て国:イギリス(ロンドン)
期間:2001年9月-2009年3月
家族:夫、息子(2003年生まれ)

1.現地を訪れて事前にリサーチ

純子はもともと英語が好きで、日常会話ができました。私の夫がロンドンへの彼の割り当てについて話したとき、彼は彼と一緒に行くことを躊躇しませんでした。

「英語が少し話せたので、最初から言葉の壁をクリアできて良かったです。また、育児環境や学校を考えなければならない子供がいなかったので、しませんでした。躊躇しすぎる。下。」

ロンドンに引っ越して準備を始めた純子さんは、初めて夫と一緒に現場を訪れたそうです。ロンドンの雰囲気を肌で感じながら、実際の生活をシミュレートし、何を生きる必要があるかを確認することができます。そのおかげで、引っ越す前の短い時間でも準備ができました。

「最初から何が必要なのか、何が必要なのかがわからなかったので、準備期間は気になりませんでした。実際に現場に行って住む家を決めたので、やりすぎでした」海外生活「。予想もしていなかったし、移民後の生活に大きなギャップは感じませんでした。」

私の海外赴任で一番気になるのは言葉の壁です。引っ越す前は英語が話せたので、任務中のコミュニケーションは問題なかったが、「英語が苦手でも大丈夫」と微笑んだ。

実際、ロンドンには約25,000人の日本人が住んでいます。また、日本の居住区は一般的に固定されているため、英語に自信がない人でも意外と生活することができます。 「私はロンドンの英会話学校に通い、そこで少しずつ多くの人が英語を学びます。」

また、ロンドンには多くの日本人コミュニティがあります。純子さんのように配属された夫をフォローしている妻が多かったので、積極的にコミュニティに参加したり、情報交換したり、趣味を共有したり、友情を深めたりできるようです。

「私と同じような状況の人がたくさんいて、先輩からアドバイスをもらうのは励みになりました。また、自分に合わないと思ったらすぐに別のコミュニティに移れるほどのコミュニティがたくさんあります。重要なのは、自分の関係がうまくいかないと多くの問題を抱えることになるので、自分を1つの場所にとどまらせるのではなく、自分に合ったコミュニティを見つけることです。」

379

2. 文化の違いで思いもよらないトラブルも

「私と同じように、日本人が持っている外国人のイメージは、会うとすぐに抱き合うというイメージで、とてもフレンドリーなイメージです。しかし、英国ではそうではありませんでした。日本人に近いと思います。フィーリング。 ”
純子は丁寧に移住してきましたが、それでも日本に住んでいたイギリスのイメージと地元の文化とのギャップを感じ、思いがけないことが起こりました。

◆英国は階級社会です
英国は上流階級、中流階級、労働者階級が明確に分かれている階級社会です。居心地の良い場所は、所属するクラスによって異なります。ロンドンは多くの外国人が住む場所ですが、差別された時期もあったと言われています。
「あからさまに嫌がらせを受けることはありませんが、言葉の終わりから差別的な何かを感じることができます」なぜ日本人はここにいるのですか? 「私は時々そのような視線を感じました。」
英国に引っ越すなら、身長に合わないおしゃれな場所に住むのではなく、自分の生活に合った場所に住むことで、不必要なトラブルを避けて落ち着いて過ごすことができるようです。

◆医療について
日本人は驚くかもしれませんが、すべての公立医療機関は無料です!
なじみのない場所に住むと病気になる人が多いので、気軽に医療施設を利用してください。
しかし、自由なのは日本人だけではありません。地元の方だけでなく、各国から配属された方やご家族など多くの方にご利用いただいております。すると、当然待合室が長蛇の列になってしまいます…半日以上待たなければならないようです。
また、純子さんは無料なので品質はあまり良くないと言っています。
緊急の必要がある場合、または質の高い医療が必要な場合は、民間の診療所に行く必要があります。
「もちろん、医療費がかかり、比較的高額ですが、海外に住んでいる間は健康であることが非常に重要だと思います。状況に応じて適切に使用することをお勧めします。」
ちなみに、日本では、アジアの国に配属されているときよりも、入国前に受けなければならない予防接種の種類が少ないようです。

◆家やインテリアの頻繁な修理

古いものを大切にする英国は、数十年、さらには数百年もの間使用されてきたインテリアを備えています。
アンティーク家具と一緒に暮らすのはおしゃれな感じですが、経年による劣化や故障が多いようです。そのため、月に何度も修理店に電話しなければならないことがあったと言われています。
「修理店に電話してもすぐに来ない場合が多いので注意が必要です。最初は知らなかったので修理店に預けたので、取れませんでした。数日間お風呂に慣れた後、修理店に駆けつけました。」
一日中修理や家事に多くの時間を費やしていましたが、コンシェルジュのいる家具付きのアパートに引っ越したとき、私の人生は一変しました。
純子さんも使っていますが、何かが壊れたり、うまくいかなかったりすると、コンシェルジュがすぐに対応してくれるので、とても快適でした。

◆噂は本当です!?食べ物は美味しくない……イギリスのイメージは「食べ物が美味しくない」とよく言われます。懐疑的だった純子は、引っ越してからしばらく地元の味を受け入れることができなかった。
「でも、生きていれば慣れます。舌のレベルが下がると言うのは失礼ですが…美味しいと感じ始めています」と笑いながら語る。
どうやら、イギリスの都市では料理の習慣があまりなく、人々はしばしば外食してしまいます。そのため、少し味が悪くてもお客さんが来てくれるので、あまり味にこだわらないかもしれません。
「しかし、各国の人が集まる場所なので、外食にはバラエティに富んでいます。日本ではめったに見られないレバノン料理が食べられるお店もありました。」
また、郊外に行けば行くほど美味しいものになります。

380

3.ロンドンの学校事情

任務中に妊娠した純子は、一時的に日本に帰国し、出産後英国に帰国した。地域で出会ったお母さんの友達から、教育環境の話をたくさん聞いたそうです。

たとえば、英国には日本の学校、インターナショナルスクール、地方公立学校、私立学校があります。日本の学校は地元の日本人の子供たちが通う場所ですが、公立か私立かを問わず、学校によって、多くのアジア人や多くの白人など、さまざまな学生の人口統計や特徴があります。

「親同士が交流しやすい学校だからといって、日本の学校だとは思いませんでしたが、実際に各学校を見回して選んだほうがいいと思いました。でも子供はそうではないかもしれません。うまく適応することができます。」

また、インターナショナルスクールに通うと、毎週夏休みの宿題と同じくらいの宿題がもらえると言われています。もちろん、宿題が上手くできているかどうかを監督し、子供に教えるのはお母さん/お父さんの仕事ですので、準備してください。

さらに、11歳未満の子供がいる家族は学校の外で注意する必要があります。英国には、11歳未満の子供を一人にすることを許可しない法律があり、放っておくと逮捕されます。
小さなお子様連れのご家族の場合は、ヘルパーやベビーシッターを雇って、お子様が一人ではないことを確認してください。

4. 生活を楽しむことを忘れずに

ようやくロンドンに7年半滞在した純子は、海外赴任を振り返る。

「最初は、地元の人や海外に配属された妻に慣れていませんでした。子供がいたら、お母さんの友達と知り合ったかもしれません!でも、子供が学校に入学したとき、半年後、子どもたちの関係を通して、親のコミュニティに慣れることができました。」

純子はもともと骨董品や美術に興味を持っていました。彼女は子供が生まれる前はイギリスの美術館は無料だったので、さまざまな美術館を訪れたり、アンティークマーケットに行ったりして充実した一日を過ごしました。

「美術館を訪ねて暮らしていたので、旅の延長のように感じましたが、子供を産んだ後、たくさんの人と関わり、この地域に住む本格的な市民になりました。ロンドンでの生活はとても楽しかったです。永遠に生きたい。まあ、高値と地下鉄が時間通りに来ないという事実は、ボールの傷です。」

彼はまた、ロンドンへの移住を考えている人々にこれらの言葉を送りました。

「たまたま美術や骨董が趣味だったので、とても楽しかったです。でも趣味がないのなら、どうすれば幸せに暮らし、前向きに行動できるか考えてほしいです。」日本を離れて海外に住み、少しずつ生計を立てるのはいい味だと思います。 「」

Rate article