ビジネスでサラリと使える「英語のことわざ50選」

394 767x400
Business

外国人と話して、「知らないフレーズだと思ったのですが、後で調べてみると、ことわざだった」と言ったことはありませんか。

そんなシーンに出会えれば、英語学習者にとってはラッキーです。文脈も含めて箴言を聞いているので、それらのことわざを覚えていれば、次にどんなシーンを使うべきかがわかるので、生きた教材です。

ビジネスシーンで英語を使うと、ことわざを交換することで表現が豊かになり、相手の外国人も「ああ、英語がわからない〜」と思っているようです。
多くの外国人がベルリッツで働いており、一部の教師は日本語に堪能です。打ち合わせで「いせきにちょですね!」と言われました。そして「ああ、日本語がわからない〜」と感動しました。いろいろありますが、英語でも同じです。

また、何かを説明したり表現したりするときにことわざを使うと、相手の理解が早く、説明時間が短いという利点があるので、有名なことわざをスムーズに使えるとビジネスで特に役立ちます。

本日、ベルリッツの渋谷教室の先生であるKAZが、ネイティブスピーカーがよく使う「50のことわざ」を紹介します。主に日本人に馴染みのあるものを選びました。

声を聞いて、10回以上声を出して読み、話すタイミングをあまり考えずに着実に使ってください。それを使うことで、フレーズが定着します!

日本のことわざと同じもの・似ているもの

・悪銭身に付かず

Easy come, easy go.

快適に入るものは簡単に出て行く

・雨が降って固まる

After a storm comes a calm.

嵐の後には凪がくる

・思い立ったが吉日

There is no time like the present.

現在より良い時はありません

・聴覚は一時的な恥であり、聴覚ではないことは生涯の恥です

Better to ask the way than go astray.

道に迷うより道を聞くがよい

・郷に入りては郷に従え

When you are in Rome, do the same as the Romans.

ローマにいるときはローマ人のするようにせよ

・失敗は成功のもと

Failure teaches success.

失敗は成功を教える

・人事を尽くして天命を待つ

Human extremity is an opportunity for God.

人の難局は神の好機

・急いてはことをし損じる

Haste is from the devil.

急ぐのは悪魔ゆずり

・ちりも積もれば山となる

Little and often fills the purse.

繰り返しコインで財布を膨らませる

・熱いうちにアイロンを打つ

Strike while the iron is hot.

暑いうちにアイロンを打つ

・時は金なり

Time is money.

時は金なり

・転ばぬ先の杖

Look before you leap.

跳ぶ前に見よ

・備えあれば憂いなし

Better safe than sorry.

後で悔いるより最初から安全でいるのがよい

・卵をすべてつのかごに入れるな

Don’t put all your eggs in one basket.

卵をすべて1つのかごに入れるな
(Don’t risk it all for the success of one venture)

・待てば海路の日和あり

It is a long lane with no turns.

曲り目のない道はない

・転石、苔を生ぜず

A rolling stone gathers no moss

ころがる石はコケむさず

・継続は力なり

Persistence pays off.

忍耐力は結果をもたらします

・1インチ1000マイルの旅から

You have to learn to walk before you run.

あなたが走ることができる前にあなたは歩くことを学ぶ必要があります

・初期の鳥はワームを取得します

The early bird catches a worm.

朝早い鳥は虫を捕まえる

・習うより慣れろ

Custom makes all things easy.

慣れれば簡単に何でもできる

・うさぎを2匹追いかけた人は1匹ももらえません

If you chase two rabbits, you won’t catch either.

・百聞は一見にしかず

One picture is worth a thousand words.

一枚の絵は千語に値する

Seeing is believing.

見ることは信じること

・下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる

The one who always shoots must sometimes hit.

いつも撃っている人は時々当てる

・物は試し

You never know what you can do till you try.

やってみるまで何ができるのかわからない

・論より証拠

Example is better than precept.

例は説教よりも優れています

・フィッシュハートならウォーターハート

You scratch my back, and I’ll scratch yours.

背中を掻いてくれたら、君の背中を掻いてやろう

・親しき仲にも礼儀あり

A hedge between keeps friendship green.

二人の間の垣根は友情をいつまでも保つ

・朱に交われば赤くなる

He who touches pitch will be defiled.

タールにさわる者は必ず汚れる

・将を射んとせば馬を射よ

Anyone who wants his daughter to win must start with the mother.

娘を得んとすれば、母親から始めねばならぬ

・長いものには巻かれろ

Better bend than break.

折れるより曲がるがまし

・憎まれっ子世にはばかる

Ill weeds grow apace.

雑草ははびこりやすい

・類は友を呼ぶ

Birds of a feather flock together.

同じ羽色の鳥は一ヶ所に集まる

・人は見かけによらぬもの

You can’t tell the book by its cover

本のカバーをみただけでは、内容はわからない

・石の上にも三年

Patience is a virtue.

我慢すれば成功する

・雄弁は銀、沈黙は金

Speech is silver, silence is golden.

雄弁は銀、沈黙は金

・虎穴に入らずんば虎子を得ず

No pain, no gain.

痛みなくして得るものなし

・精神一到何事か成らざらん

Where there’s a will there’s a way.

意志がある方法があります

・嘘も便利です

The end justifies the means.

目的が正しければ何をしても構いません

・一石二鳥

Kill two birds with one stone.

一石二鳥を得る

・長いものに巻かれろ

If you can’t beat them, join them.

If you can’t beat it, it’s safer to be a companion

・覆水盆に返らず

There is no point in crying over spilled milk.

こぼしたミルクを嘆いても無駄

・捨てる神あれば拾う神あり

When one door closes, another opens.

ドアが一つ閉まるともう一つが開く

海外でよく使われることわざ

日本で使われていることわざとは微妙なニュアンスが異なりますが、海外でよく使われることわざも紹介します。

What you see is what you get.

あなたは見たままのものを得る

Two wrongs do not make a right.

他の誰かが何か間違ったことをしているからといって、あなたもそれができるとは限りません

Every dog has its day.

どんな犬にも良い日はやってくる

Opportunity only knocks once.

チャンスは一度しか来ない

Hope for the best, but prepare for the worst.

念には念をという意味

Better late than never.

手遅れなことはありません

どうですか?
日常会話ではあまり出てこない言葉が出てくるので、とても新鮮だったと思います。
意味が似ていることわざでも、日本とは言葉が違うので、英語圏の国の文化や歴史の違いを見るのは面白いです。

外国人にとって「常識」となる単語やフレーズもありますので、すぐに理解できるように覚えておいてください。

練習から始めましょう。 さまざまなことわざを使って、スマートな英会話をお楽しみください!

Rate article