趣味の読書を外国人と共有する!好きな本を語るための英語

410 660x400
Culture

共通の趣味を見つけることはそれを打つための近道です。 お互いの趣味が読んでいるのなら、「あの作家の本を読んだことがありますか?」と言って、物語を盛り上げていきたいです。 「似たような本を読んだことがありますか?」 私がこれまで読んだ本は、もはや私の性格の一部ではありません。 言語の壁が原因で共有できない場合は、魅力を伝えることができないのと同じです。 そこで今回は、好きな小説を英語で伝える方法をお教えします。

池井戸潤の「フライングタイヤ」という、先ほど読んだ日本の小説を相手に勧めるボディで、本の魅力を伝えるモデルをお見せします。この小説について私が言いたいことは次のとおりです。

池井戸潤の本「フライングタイヤ」を読んだことがありますか?現代の日本では、運転中に小型トラックのタイヤが突然外れ、歩いている親子に偶然ぶつかって殺してしまうという話が始まります。私の運送業者はトラックのメンテナンスを怠ったことがないので、トラック自体に欠陥があったのかもしれません…?真実を確認しようとしていると思っている船会社の経営者。しかし、事故の影響など、会社や家族との関係を危うくするさまざまな課題に直面しています。中小企業には、長年付き合っていても事故が発生するとすぐに手のひらを返す銀行の支店長や、大企業のエリート社員など、人間味あふれるキャラクターがいます。彼らの会社の隠された想起を明らかにしようとしています。大企業の戦いと正義をテーマにしたホットな小説。書き込みrは実際には元銀行家だったので、話は非常に現実的です。結末はお伝えしませんが、面白かったので一気に読み終えました。お勧めです。一度読む価値があります。

1. 物語の背景を語る

まず、物語の背景から。 次のフレーズを使用して、時代を設定し、場所を設定し、ストーリーの始まりを伝えます。 ストーリーを語るときは、現在のフォームを使用します。

設定について話すには:それは時代/場所に設定されています

It is set in modern day Japan.

設定は現代日本です。

物語がどのように始まるかを伝えるには:

The story starts when 出来事 .

The story begins when the truck tire happens out of the blue when the truck tire kills them.

物語は、運転中に小型トラックのタイヤが突然外れ、そこを歩いている親子に偶然ぶつかって殺したところから始まります。

Happen to be 動詞ing : たまたま 動詞 していた
「たまたまそこでランチしていた I happened to be having lunch there」「その時たまたまニュースを見ていた I happened to be watching news at that time」など、偶然居合わせたという意味で使います。

2. 主人公を語る

主人公の目的や行動、直面する問題の例を挙げれば、相手はストーリーの方向性を簡単に理解できます。 次のようなフレーズを使用します。

主人公の目的と行動について話すには:He/she tries to 動詞

The president of the transport company thinks the truck itself may have had a problem because his company had never failed to do regular maintenance, so he tries to find out the truth.

私の運送業者はトラックのメンテナンスを怠ったことがないので、トラック自体に欠陥があったのかもしれません…? 真実を確認しようとしていると思っている船会社の経営者。

主人公が直面する問題を話すには : He/she runs into trouble like 問題
He faces many challenges like his company and his family relationship being put at stake.

事故の影響で会社や家族関係が危うくなる等、色々な試練に直面します。

Be put at stake: 危うくなる
「我々の事業(の存続)が危うい Our business is put at stake.」「乗客の命が危うい The passengers’ lives are put at stake.」など、危機に瀕するという意味で使います。

3. 魅力的な登場人物を語る

次のフレーズを使用して、興味深い小説に不可欠な魅力的なキャラクターについて話します。

キャラクターについて話す: There are characters like _登場人物  who 特徴

There are interesting characters, such as a bank manager who does 180 when he finds out about the accident, and an elite businessman who tries to uncover the cover-up of his company’s recall.

長年の付き合いで事故に遭ったらすぐに手のひらを返す銀行支店長や、隠された会社の想起を暴こうとする大企業のエリート社員など、面白いキャラクターが登場する。

Do a complete 180 : てのひらを返す
180度ターンをするかのように態度をガラッと変える、という意味で使います。180は、one-hundred eighty ではなく、one-eighty と発音します。

Recall cover-up : リコール隠し
「彼女はケチャップのシミをエプロンで隠そうとした She tried to cover up her ketchup stain with an apron.」などで使われるように cover up動詞ですが、ハイフン(-)を挟んで名詞に変えることができます。

4. 物語のテーマについて語る

テーマを一言で表すには、次のフレーズを使用します。

テーマを伝えるには : It’s a novel all about テーマ
It’s a novel all about justice and conflict between a small company and a big enterprise.

中小企業と大企業の戦いと正義をテーマにした人気小説です。

5. 作者について語る

作者の特徴を少し加えると、小説が書かれた背景を垣間見ることができ、さらに魅力的になります。 次のようなフレーズを使用します。

作者の特徴を話すには : The author is actually 特徴
The author was actually a banker before, so the story is very realistic.

作家は実は元銀行家だったので、話はとてもリアルです。

6. 本を勧める

エンディングがわからないようにストーリーを切り上げ、次のフレーズを使用して本を推薦します。

エンディングがわからないようにストーリーをまとめる

: I’m not going to give it all away.

I’m not going to give it all away for you.

結末は教えませんよ。

読んだ感想を伝えるには : I read it in no time.
It was really fun and I read it in no time.

とても面白かったので、一気に読み終えました。

最後に本を読むことをお勧めします : I recommend it. It’s worth a read.

I recommend it. It’s worth a read.

お勧めです。 一度読む価値があります。

7. 全てまとめて話す

これまでに紹介したすべてのフレーズを使用した例を聞いてみましょう。

Have you ever read Jun Ikeido’s Flying Tire? Well, it is established in modern Japan. The story begins when the truck tire happens suddenly when the truck tire kills them. The president of the transport company thinks that the truck problem is a problem because his company always performs regular maintenance, so he helps to find out the truth. He faces many challenges. There are interesting characters, such as a bank manager who does 180 when he learns of an accident, and an elite businessman who tries to uncover the cover-up of his company’s recall. This is a novel about justice and the conflict between a small company and a large enterprise. In fact, the author used to be a banker, so the story is very realistic. I’m not going to give it all to you, but it was really fun and I read it in no time. I recommend this. It’s worth reading.

池井戸潤の本「フライングタイヤ」を読んだことがありますか?現代の日本では、運転中に小型トラックのタイヤが突然外れ、歩いている親子に偶然ぶつかって殺してしまうという話が始まります。私の運送業者はトラックのメンテナンスを怠ったことがないので、トラック自体に欠陥があったのかもしれません…?真実を確認しようとしていると思っている船会社の経営者。しかし、事故の影響など、会社や家族との関係を危うくするさまざまな課題に直面しています。中小企業には、長年付き合っていても事故が発生するとすぐに手のひらを返す銀行の支店長や、大企業のエリート社員など、人間味あふれるキャラクターがいます。彼らの会社の隠された想起を明らかにしようとしています。大企業の戦いと正義をテーマにしたホットな小説。書き込みrは実際には元銀行家だったので、話は非常に現実的です。結末はお伝えしませんが、面白かったので一気に読み終えました。お勧めです。一度読む価値があります。
お気に入りの本を人に伝えるイメージはありましたか?相手に「読みたい」と思わせることができれば、本だけでなく自分の魅力も伝わってくるはずです。

Rate article