「本当の」英語発音を訓練して発話スピード&リスニング強化

415 750x400
Business

あなたは英語の発音に自信がありますか? 発音の良い人の英語はかっこいいですね。 でも、発音が綺麗でなくても、世の中には英語の訛りがいろいろあり、理解できれば問題ありません。

しかし実際には、特定の方法で発音をトレーニングすることには、「ボーナス」として2つの利点があります。

■発話速度が上がる
■聞きやすい

今回は、これらのメリットを得るためのトレーニング方法と音声付きの練習メニューを用意しました。 基本的には、声をそのまま模倣する簡単なトレーニングです。 やればやるほど発音、発話速度、リスニングが良くなりますので、ぜひご活用ください。

1. 「きれいな」発音と「本当の」発音

ここで紹介する発音訓練方法は、英会話で「本物の」発音を練習することを目的としています。

実際、正確で「クリーンな」英語の発音は、英語で聞く「本物の」発音とは限りません。 英語の単語は、他の英語の単語と組み合わせて発音されると、音が変わる場合があります。 英会話では、一語一語ではなく文章で発音されるため、必然的に発音が変わります。 これが「本物の」発音の正体です。
言い換えれば、要約すると

■「Beautiful」の発音は、辞書にあるとおりに単語ごとに発音されます。
■文中では、音が変わった単語を発音するのが「本物の」発音です。

です。 それぞれの発音を実際に聞いて違いを理解してみましょう。

1-1。 比較例1
次の単語を正確で「きれいな」発音で聞いてください。

1. Get 2. Next 3. What

Get, Next, What

では次に、今聞いた単語を、他の単語と組み合わせた時の「本当の」発音で聞いてみましょう。

1. Get back 2. Next time 3. What day

Get back, Next time, What day

Get、Next、Whatの発音が他の単語と組み合わせると変化するのを見ましたか? これはローマ字の「本物の」発音です。

1. Get back

Get back(発音:Get back)

Get back(発音:ge’ bak)

2. Next time

Next time(発音:Next time)

Next time(発音:nextaim)

3. What day

What day(発音:What day)

What day(発音:wa’ dei)

末尾の”t”の音が省略されているのがわかりますね。

1-2。 比較例2
まず、他の単語と組み合わせたときに「本物の」発音を聞きます。
1.And then 2. The magazine 3. To succeed

And then, The magazine, To succeed

他の単語と組み合わせると、発音が変わります。 「本物の」発音のローマ字は次のとおりです。

1. And then

And then(発音:And then)

And then(発音:en-then)

2. The magazine

The magazine(発音:The magazine)

The magazine(発音:th-magazeen)

3. To succeed

To succeed(発音:To succeed)

To succeed(発音:t-sukseed)

And、The、To の発音が短く、そして弱くなりました。

1-3。 言いやすくするために音を変えてください
なぜこの変化が起こっているのですか? 言うのが簡単だからです。 一言一句丁寧に「きれい」な発音で話すと呼吸ができなくなり、なめらかとは言い難い。

長い文章で違いを聞いてみましょう。 音を変えれば言いやすいと思います。

I usually get back home around 10:00 and then think about what day I want to go jogging next time.

I usually get back home around 10:00 and then think about what day I want to go jogging next time.

会話では言いにくい発音で話そうとする人はいないので、英語で聞く言葉は違う音になります。 この珍しい発音をすることができれば、

■言葉をつなげて話すのが習慣になり、その結果、話す速度が上がります。
■私は同じ発音なので、発音が異なっていても、原住民の言っていることが想像できます。

それについて。

2. 音の変化をマスターする

典型的な英語の単語の音の変化を学びましょう。 練習メニューの声をそのまま真似て、気づかずに発音できるようになるまで何度も繰り返します。

2-1。 「t」の変更
まず、上記の比較例の「t」で終わる音の場合の変化をマスターしましょう。 次の2つの変更パターンがあります。

get back, sit down, site seeing

get in, sit around, bite in

*パターンBの発音の変更はイギリス英語では発生しません

練習メニュー

それでは、この変更をマスターする練習をしましょう。 以下の音声を聞いて、まったく同じ発音になるまで何度も繰り返します。 視覚的な補助として、「本物の」発音はローマ数字で表現されます。

パターンA

1. lai’ speed (light speed)
2. wei’ treining (weight training)
3. hi’ product (hit product)
4. ku’bak (cut back)
5. je’ lag (jet lag)

パターンAアプリケーション

パターンAについては、「t」で終わる場合だけでなく、「d」や「g」で終わる場合も省略できます。

1. spen taim (spend time)
2. pei’ vakeishon (paid vacation)
3. gu’ teemwork (good teamwork)
4. bi’ misteik (big mistake)
5. do’ tag (dog tag)

パターンB

1. gedawei (get away)
2. tei kidaut (take it out)
3. nodevri budee (not everybody)
4. gerlz nai dou’ (girl’s night out)
5. whademai dooing (what am I doing)

パターンB応用

パターンBに関しては、語尾だけではなく、単語内でも”t”から”d”の音に変化します。

1. stardin tudei (starting today)
2. figyur skeider (figure skater)
3. skodish myuzik (Scottish music)
4. welkum pardee (welcome party)
5. steidus (status)

この発音を完全に模倣できれば、「本物の」発音に一歩近づくことができます。

2-2。 アクセントを追加する場所
次に、比較例にもある「a」、「the」、「and」、「to」などの接続詞や記事の「本物の」発音を練習してみましょう。 ここで、アクセント(強みと弱み)をどのように加えるかが重要なポイントです。

英語の単語は大きく2つのタイプに分けることができます。 これにより、アクセントを追加する方法に関するヒントが得られます。

a dollar

“dollar”2つの音で構成されています。 赤いものは長くて高く、音ははっきりと聞こえます。 黒いものは短くて低く、音は聞こえません。

■ do
■ llar

英語の単語の中には、1つの音だけで構成されるものもあれば、複数の音で構成されるものもあります。 ただし、すべての単語には常に1つのアクセント(長いアクセントと高いアクセント)しかありません。

概要、

■基本的に、接続詞や冠詞など、文法の一部である単語にはアクセントが付けられません。
■名詞、動詞、形容詞などの意味を持つ単語には、常に1つのアクセントのある音があります。

だということだ。 これを知っていて、気づかずに適切にアクセントを付けることができれば、「本物の」発音に一歩近づくことができます。

練習メニュー

練習しよう。 意味のない単語ではなく、意味のある単語に適切にアクセントを付けるのが習慣です。

視覚的な補助として、ローマ字とモールス信号の「実際の」発音を「長いと高い」と「短いと低い」に区別しました。

1. a new coffee shop

(発音:anyu kawfee shop)
2. call to make a reservation

(発音:kal t-mayka rezervayshon)
3. but the teacher said no

(発音:bu’ th-teecher se’ no)
4. out of town for the summer

(発音:audov taun for th-su mer)
5. mix and match

(発音:mixen mach)

例外

すべての言語には規則と例外があります。

接続詞や冠詞など、意味のない単語は、次の場合を除いて、ここではアクセントが付けられていません。

■2つまたは3つの単語で構成される句動詞
例:

stand by, put in, get over with, add on

■冠詞と接続詞を強調して、強調されたニュアンスを与える
例:

He is the best baseball player.

英語を聞くと、聞き取りにくい音や言葉、聞き取りやすい音や言葉がある理由がわかりました。 同じように発音できるように、何度も何度も繰り返し練習してください。

2-3。 ワードセット
最後に、複数の単語をグループ化して、単語ごとではなく単語ごとに発音する練習をします。 この練習の結果として、あなたは自然に一般的な単語の組み合わせを学び、あなたの話す速度を劇的に向上させます。

英語の文章を読むときは、隣接する単語を組み合わせて、段階的に大きな単語のグループを形成します。

 

最終的には、ステップ3のように大きな単位で話すことができると、速度だけでなく、適切な語彙の使用法と文法の正確さも得られます。

3. 総合練習メニュー

今回紹介した「本物の」発音は、何度も練習しないと無意識になりがちです。 たとえば、1つの英語の文をスムーズに言うことができるまで3回だけ繰り返す必要がある人もいれば、15回しか繰り返すことができない人もいます。 一人一人が違うペースで慣れるので、3、5回は言わないで、アクセントとスピードを真似できるようになるまで繰り返します。

1日1回の発音練習ができるように、「本物の」発音の総合練習メニューをご用意しております。 これらすべてを一発で言えるようになるまでに、話す速度とリスニングスキルは自然に向上しているはずです。

1. I used to work at a bookstore part-time.

(発音:ai yustu workada bukstor par’ taim)

2. Interest rates have hit the bottom.

(発音:interes-raytzhav hi’ th-bodom)

3. The meeting needs to be set back.

(発音:th-meeding neez t-bee se’ bak)

4. Katy is one of our best employees.

(発音:Keideeyiz wunovawer bes-temployeez)

5. George is the guy sitting over there.

(発音:jorjiz th-gai sidin-gover ther)

6. I’ve always been a big fan of Batman.

(発音:aiv-alweiz bina bi’ fanov ba’ man)

7. Let me give you my business card.

(発音:Le’ mee givyoo mai bizines kard)

8. We need to cut costs drastically.

(発音:wee nee’ t-ku’ kostz drastikulee)

9. Who’s the next batter?

(発音:whooz th-nex bader)

10. I’ll start thinking about what to do next weekend.

(発音:ail star’ thinkina-bau’ wha’ t-doo nex weekend)

11. Is it true that you used to be a singer?

(発音: izi’ troo tha’ yooyoos t-bia singer)

12. What else can I do for you in the meanwhile?

(発音:whadels kenai doo foyoo in th-meenwhail)

13. I bet it’s going to rain tomorrow.

(発音:ai beditz gona rein tumorou)

14. I think I’ll have a light meal for lunch today.

(発音:ai thinkail hava lai’ meel fo-lunch t-dei)

15. Let’s first look at our past data.

(発音:letz fers lookadaur pas’ deida)

16. She will be a pretty actress when she grows up.

(発音:shee wil bia pridee aktres when shee grouz up)

17. I’m starting to see a pattern in the market’s behavior.

(発音:aim starding t-see upadern in th-marketz biheivior)

18. The computer won’t shut down even if I tell it to.

(発音:th-kompyuder won’ shu’ daun eevenifai teli’ too)

19. The casting is fine, but it doesn’t have a good plot.

(発音:th-kastingiz fain, budi’ duzn hava goo’ plo’.)

20. My friend and I are going to meet up at the station.

(発音:mai frendenai ar gona meedup a’ th-steishon)

Rate article