コンサート間近!英語で指示を出してリハーサルを成功させる

421 870x400
English Training

国籍や人種は音楽の表現とは何の関係もありません。 日本でも外国人ミュージシャンとの共演は珍しくありません。 グループの演奏を理想の音に近づけるためにはリハーサルが重要ですが、限られた時間の中で言葉に奪われるのはもったいないです。

また、最後に学習したフレーズが使えるかどうかクイズを用意しましたので、リハーサルをする前に学習ツールとしてご利用ください。

今回は、弦楽四重奏のリハーサルと、誰もが知っているパッヘルベルのカノンを練習しているシーンを想像してみてください。 リハーサルを管理するリーダーとして使われている英語の表現を見てみましょう。 次の楽譜を使用してください。

1. 練習する箇所を指定する

まず、スコアで練習する必要があると感じる場所にみんなの目を向ける練習をしましょう。 使用する単語とその使用法は次のとおりです

小節 – measure
・ 1小節目 – measure one
・ 最初の4小節 – the first four measures
・ 最後の2小節 – the last two measures
・ 7小節目から – from measure seven
・ 10小節目の終わりまで – up until the end of measure ten
・ 3小節目から6小節目までの間 – between measures three and six

拍 – beat
・ 2拍目 – beat two / the second beat
・ 10小節目の4拍目 – beat four of measure ten / the fourth beat of measure ten
・ 11小節目の最初の2拍 – the first two beats of measure eleven
・ 3拍目から – from beat three / from the third beat
・ 3拍目の終わりまで – up until the end of beat three / up until the end of the third beat

頭 – the top
演奏方法はいろいろありますが、代表的なものは以下のとおりです。 声を真似て声を出して練習しましょう。

Let’s take it from the top.

頭から弾いてみよう。

Can I hear the seventh bar?

7小節目を聞かせて。

Can we play the first two beats of the eleventh measure?

11小節目の最初の2拍を弾いてみよう。

We will play the seventh bar until the end of the tenth.

7小節目から10小節目の終わりまで弾いてみよう。

420

2. 指摘する

どの言語でも、パフォーマンスの良し悪し、演奏の理由、改善方法を言葉で伝えるのは簡単ではありません。 楽器を持っていればモデルを演奏して見せることはできますが、楽器を持っていない指揮者の場合は毎回楽器を借りてモデルを聴くことはできません。

以下は、いくつかの一般的な再生手順です。

2-1。 ボリュームを指摘する
音量レベルに関する一般的な表現は次のとおりです。

音量が大きい – loud

音量が小さい – soft

音量を上げる – bring it up

音量を下げる – bring it down

それでは以下の文の音声を真似て、実際に声に出して練習しましょう。

I couldn’t hear you in measure eleven. Can you bring it up a little?

11小節が聞こえなかったので、少し音量を上げていただけませんか。

In measure ten, can you bring the 16th note up a little more? I was a little too soft.

10小節の最後の16分音符をもう少し強く弾くことができますか? 少し小さすぎました。

I couldn’t hear the melody in measure seven. Can everyone else bring it down a little?

7小節目ではメロディーが聞こえなかったので、みんな少し音量を下げました。

Can everyone look at measure eleven? It’s too early to be so loud. Let’s bring it down here.

11小節が見えますか? パワフルにプレイするには時期尚早なので、ここでは小さくプレイしましょう。

2-2。 ピッチを指摘する
ピッチという言葉は日本語と同じなので簡単です。 ちなみに、英語圏の国では、ドレミ・ファソラサイドよりもCDEFGABCで記譜法を読むのが一般的です。

音程が高すぎ – sharp

音程が低すぎ – flat

文にすると以下のようになります。

I think the B in the 1st measure in the cello part sounded a little sharp.

1小節目のチェロパートのシの音がちょっと高かったかな。

In measure 9, your A sounded a little flat, so be careful.

9小節目のラの音が少し小さかったので注意してください。

2-3。 テンポ、リズム、タイミングを指摘する
パフォーマンスが非常に熱くなり、テンポが速くなるのはよくあることです。 以下は、テンポが急いでいるときに指摘し、テンポを抑えるときに指示を与える表現です。

テンポが速すぎるか急いでいる

– we are rushing

テンポを抑える – keep to the tempo

We are nearing the end of this section. We need pace pace.

このセクションの終わりに向けて急いじゃっているから、抑えて。

We tend to rush between bars 9 and 10. Listen to the cello.

チェロは9小節から10小節に速くなる傾向があるので、正しく聞いてください。

次の式を使用して修正しましょう。 一緒に練習していないグループが演奏していると、リズムがずれたり、タイミングがずれたりするのは避けられません。

リズムを完璧にする

– nail the rhythm

リズムが甘い – not nailing the rhythm

タイミングが早すぎる – we are landing the note too early

タイミングが遅すぎる – we are landing the note too late

タイミングが合っていない – the timing is off

入ってくるのが早い – we are coming in too early

入ってくるのが遅い – we are coming in too late

This is an important part, so we need to nail the rhythm.

ここは重要な箇所だから、リズムを完璧にしないと。

We’re not nailing the rhythm in measure eleven. Let’s take it slow once.

11小節目のリズムが甘いから、一回ゆっくり弾いてみよう。

In measure ten, you’re landing the last 17th note too early.

10小節目の最後の17部音符のタイミングが早すぎるよ。

Your timing is off by a third. Let’s listen to each other more attentively.

3拍目のタイミングが合ってないよ。もっとお互いを良く聴いて。

The 1st violin in the seventh measure comes out too late.

7小節目でファーストバイオリンが入ってくるのが遅いな。

419

3. 表現方法の指示

最も難しいのは、頭の中での理想的な聴き方が実際に演奏されている音と一致しない場合をどのように判断するかです。

3-1。 例を聞く
例を聞くのは簡単なので、最初にそれを行う方法を学びましょう。 次のフレーズを言ったらすぐに弾きます。

このようにプレイ

– Can you play like this?

Can you play with more energy like this?

こうやってもっと元気よく弾いて。

Can you play the staccato more clearly like this?

こうやってもっとスタッカートを強調して弾いて。

Can you look at beat 5 in measure nine? Can you play this note with an accent like this?

9小節目の5拍目だけど、こうやってアクセントをつけて弾いて。

3-2。 よく使う表現の説明
また、以下の式は比較的使いやすいです。

もっと誇張してプレイする – exaggerate more

もっとさりげなく弾いて – make it more subtle

もっと伸ばして弾いて – lengthen the note more

もっと短く弾いて – shorten the note more

From measure twenty, can you exaggerate the crescendo?

20小節目からのクレッシェンドをもっと大げさに弾いて。

Can you exaggerate your vibrato on the half note?

二分音符のビブラートをもっと大げさにかけて。

Let’s make the pizzicato more subtle.

ピチカートをもっとさりげなく弾こう。

All your second notes in the 9th note pairs are too short. Can you try to lengthen them more?

9分音符ペアの二番目が全部短すぎだよ。もっと伸ばして弾いてみてくれない?

Your 12th notes are too long so can you shorten them more?

12部音符が長すぎだから、もっと短く弾いてみてくれない?

4. リハーサル英語のクイズ

それでは、これまで練習してきた表現を使ってみましょう。 一度プレイしてみたところ、以下の問題がありました。 リハーサルリーダーとしてグループに何を伝えればよいですか?

回答例
答えは複数ありますが、答えの例を音声だけで確認してみましょう。 あなたはあなたが言っていることを知っていますか?

どうだった? 日本語で音を表現するのは難しいですが、英語で表現するのは難しいかもしれませんが、場所を踏むにつれて、よく使われるフレーズが徐々に理解できるようになります。 リハーサル中は、他のメンバーの話をよく聞いて、真似することから始めましょう。 コンサートの成功を祈っています!

Rate article