「お願いする」ための英語の敬語・丁寧語表現

429 720x400
Business

「英語には敬語や丁寧な言葉の概念がない」と思われるかもしれません。

ただし、もちろん英語でも、状況や立場によっては相手の世話をしながら意見を述べる表現もあります。 「英語でまっすぐに言うこと」について考えすぎると、特にビジネスで英語を使用する場合、意図せず失礼になる可能性があります。

そこで、丁寧な「要望」の度合いに応じて、英語の敬語と丁寧な表現をご紹介します。 今回は「お名前を教えてください」というシーンを例に、程度を見ていきましょう。

1. 丁寧さの程度別フレーズ

1-1。 カジュアルな表情

Please tell me your name.

What’s your name?

-あなたの名前は何?

 

プライベートなシーンで出会った人と、カジュアルに名前を聞く時の表現です。
ビジネスシーンではあまり適していないかもしれません。

1-2. 丁寧な表現

Will you tell me your name?

Can you tell me your name?

May I know your name?

May I know your name?

-お名前を教えてください。

プライベートにもビジネスにも幅広く使える丁寧な表現です。

”Will you ~?”や”Can you ~?”を使うことで、相手に許可を求める表現となります。

1-3. フォーマルな表現

Could you tell me your name, please?

Could you tell me your name?

May I have your name, please?

Could you tell me your name?

-あなたの名前を教えてもらえますか?

 

これは、社外の上司やビジネスパートナーとの会話で使用できる正式な表現です。
「できますか〜?」 そして「できますか〜?」 それは「1-2。丁寧な表現」に登場しました

”Will you ~?”は過去形にして”Would you ~?”, “Could you ~?”にするとフォーマルな表現になります。”Please”をつけることでより丁寧さを表せるでしょう。

“Would you mind ~ing?”文字通り「気になりますか…?」と訳されています。 相手への思いやりを表現できる表現のひとつです。`

2. ビジネスシーンでの活用例

名前を聞く際には、相手のことを考え、コミュニケーションをスムーズにするためのポイントも紹介します。

I am Maki Kobayashi from ABC Corporation. May I have your name, please?

-ABCの小林眞です。 あなたの名前を教えてもらえますか?

I’m Martin. I am sorry, I did not catch your name?

-私はマーティンです。 あなたは自分の名前を聞きませんでした。

まず、あなたの名前を付けることで、相手があなたの名前を聞き取りやすい自然な流れを作り出すことができます。

別の会話をしているので、突然あなたの名前を聞くのは突然かもしれません。
「名前が聞こえなかった」と息を吸うとスムーズに聞こえます。

また、以下の記事では、丁寧に主張または要求できる他のフレーズも紹介していますので、それらを参照してください。

>あなたは英語で丁寧な主張や要求をすることができます! ビジネスで使える15フレーズ

* * *

どうだった?
もちろん、英語を話すときは、相手にその意味を伝えることが重要です。 しかし、ビジネスで英語を使うとき、相手の気持ちを考えて表現できれば、相手の信頼を得ることにつながるはずです。 フレーズを練習してください。

Rate article