30分でなんとかする!ネイティブが教えるビジネスでの英語の自己紹介

449
Business

私はいつも日本語で働いていますが、突然

「海外のクライアントは今日の午後から来ています」
「アメリカ本部からスティーブがやってくる〜」
「ジャックが日本に来て、メールで交換していました」

いきなり「外国人に英語で挨拶しなきゃ!」と思ったことはありませんか?

英語が得意な人にとっては全く問題ありません。 これはほとんどの日本人が許したいイベントです。 現代のビジネスシーンでは、グローバル化により英語がこれまで以上に重要になっています。

まだこういう経験がなくても、将来同じことがいつ起こるかわかりません。

そこで、ビジネスマンが英語で自己紹介する際に留意すべき点をいくつか紹介したいと思います。 繰り返して大声で覚えてください。

本当の問題は自己紹介そのものではなくその後の会話にある!

英語が得意でない方がいきなり自己紹介をするとどうなるでしょうか?

外国人:
Hi. My name is Patrick Young.
あ な た :
Glad to meet you. My name is Hiroshi Tanaka.
外国人 :
Nice to meet you, Mr. Tanaka.

それまではなんとか話せると思います。 実際、これは自己紹介には十分です。

しかし、目の前の外国人はきっとここからもっと話し始めるでしょう。 例えば、

外国人:

How are you doing?
あなた:
Yes、Yes・・・

(または黙ってうなずく…)
このように自己紹介をしても会話が続くと、すぐに英語が話せる社員の後ろに隠れて「何を言っているのかわからない」と言いたくなるでしょう。

はい、英語で自己紹介するときの最大の不安の原因は、実際には紹介そのものではなく、その後の会話の一部です。

ここまで読んだ方も、「自己紹介で会話がわからない、聞こえない、答え方がわからない」という部分が気になっていたのではないでしょうか。

あなたが本当に練習するべきことはこの2つ!

懸念をすばやく解決する方法があります。

自己紹介をした後、突然目の前の外国人と会話を続けると戸惑い頭が真っ白になるのは、ストーリーの内容が全く予測できないからです。

ストーリーの内容をある程度予測できれば、「ああ、今はこういうことを聞いていない」という言葉がわからなくても、完全に理解できるようになります。

海外旅行に行っても、税関やホテルでのチェックインはかなり多いです。それと同じです。

同様に、結局のところ、自己紹介の後に会話を生き残るための最良の方法は

1.相手の前で会話を切り取ります。

2.話したいことを事前に準備しておきます。

これだけ。

(1)英語が低い間は相手に先制されないでください
自分からストーリーを切り出すことには大きなメリットがあります。つまり、「会話の内容をある程度制御できます」ということです。

たとえば、「飛行機はどうだった?」と聞くと、「気持ちいい」「疲れた」「長い」などの回答が期待できます。

ご覧のとおり、事前に回答を用意しておくことができます。

言い換えれば、少し奇妙なことに、初心者がある程度英語を話すために最も重要なことは、彼らが他の人に取って代わられないということです。

そして、英語力が低い限り、自分をリードしようとするだけで、グンガンと英語を話す能力が向上します。

(2)話したいことを準備すれば、相手の英語が理解できるようになります。
たとえば、上記の例文では

外国人:
元気にしてる?
私が理解できなかった理由は、あなたの現在のリスニングスキルがまだ相手の話をすぐに理解できないからです。

しかし、自己紹介の後に先制した場合はどうなりますか?

例えば

How was your flight? (飛行機の旅はいかがでしたか?)と

あなたが自己紹介の後にすぐに続ければ、きっと相手の外国人の方は
It was good. I had a good flight.

It was a terrible flight.

といった回答をしてきます。たとえあなたがそれを全て聞き取る事ができなかったとしても、「Good」や「Terrible」という言葉は聞き取れるはずです。

そうすれば、
Good!

Please take a rest today.

会話は、のようないくつかの簡単な単語を準備することによって確立することができます。

他の人に主導権を与えると、英語が苦手なあなたが他の人の言っていることを予測するのが難しくなります。

だからこそ、勇気を持って会話を切り取ることで、ビジネス環境での英語の自己紹介(自己紹介後の会話)をある程度コントロールすることができます。

次のセクションで事前に準備しましょう!

事前に準備!30分の直前練習

ここから、「外国人(社内・クライアント)が初めてあなたの会社を訪れる」という状況で使える3つの会話パターンを用意しました。

<パターン1飛行機はどうでしたか?>

◆相手が気持ちいい時

あなた:
How was your flight?
外国人 :
It wasn’t bad, just a long time.
あ な た :
How do you deal with jet lag?
外国人 :
I slept a little on the plane, so I don’t feel so tired. Thanks for the question.
あ な た :
I hope you enjoy your time here in Japan and I hope your business is doing well.
◆ 相 手 が 快 適 で は な か っ た 場合

あなた:
How was your flight?
外国人 :
It was terrible. The turbulence was terrible.
あ な た :
I’m sorry to hear that. Are you all right?
外国人 :
I’m fine now, but then I was scared. Thanks for the question.
あ な た :
I hope you enjoy your time here in Japan and I hope your business is doing well.

<パターン2 日本は初めてですか?>

◆相手が日本は初めての場合の会話例

あなた:
Is this your first time in Japan?
外国人:
Yes it is.
あなた:
That’s great. Well I hope you continue to have a good time in Japan.
◆相手が日本は初めてではなかった場合の会話例

あなた:
Is this your first time in Japan?
外国人:
No it is not. This is my third trip. The first time I visited Kyoto,

the second time I was in Osaka, and this time Tokyo.

<パターン3 どこに泊まっているのですか?>

あなた:
Where are you staying while you are here?
外国人:
I’m staying in Akasaka.
あなた:
Excellent. That is a nice area. I hope you enjoy your stay.

これらの3つのパターンを練習して習得しましょう。
パターンごとに10分をガイドとして繰り返し声を出して練習します。

外国人の部分をマスターすれば、相手の言うことを予測しやすくなり、会話がスムーズになります。

ベルリッツのレッスンでも、ロールプレイングは常に両方の立場にあり、正確に即座に話すことができるようになるまで、教師とロールプレイングが繰り返されます。

<アプリケーション:会話を続けたいときの質問文の例>

あなた:
Can you see the sights?
あ な た :
What projects are you working on while here?
あ な た :
If you don’t mind me asking, what are you doing?
あ な た :
How is the hotel room?
あ な た :
Need help navigating the terrain?
あ な た :
What did you do while you were there?
あ な た :
So where are you staying while you are here?
あ な た :
What other plans do you have?

<小さな場所から成功する体験を作ろう>

もちろん、このテクニックだけでは、将来のビジネス会話を促進したり、突然英語力を向上させたりすることはできません。

しかし、英語で「聞いて、相手が答えて、印象を与える」と言えるのは、小さな成功のひとつです。 その成功した経験からあなたは多くの自信を得ると確信しています。

おそらくあなたは自己紹介に成功し、会議の合間にトイレに行く場所を示したり、会議の後に食事をしたりする機会があります。

では、日本食を紹介してみませんか? あなたの英語をマスターするという挑戦は、すべての小さな成功が積み重なって、あなたが「もっと英語で話したい!」という状態にあるとき、半分成功したようなものです。

外国人がもうすぐ来ます! 失敗を恐れずに前向きに挑戦しましょう。

Rate article