これだけ覚えれば完璧!気持ちいい接客英語シリーズ

458 688x400
Business

今日、あなたはインターネットで日本についての情報を調べることができます。 有名な観光地の外でも、街を歩きながら外国人観光客を見ることがよくあります。 特にホスピタリティ業界では、最近外国人のお客様が増えていると思いますか? ただし、カスタマーサービスの英語に自信がない場合は、外国人のお客様が来たときに焦ります。

そこで、このページでは、外国人のお客様が職業で来ても対応できるカスタマーサービス英語をご紹介します。

音声も付いているので、実際に外国人のお客様が来た状況を想像しながら練習しましょう! また、記事の最後に海外のホスピタリティ事業の実情を示す読み物を用意しておりますので、日本と複数国の違いを比較してみてください。

1. 日本での接客

お客さまに使う英語は難しいと思われがちですが、実際には接客英語には決まり文句が多く、一度習得すれば簡単に使えます。

相手の言葉が聞こえない場合は「”Could you say that again?”

(すみません、もう一度お願いできますか?)」

職業によって必要なフレーズが変わりますので、必要に応じて以下のページをご利用ください。

2. 外国での接客事情

「カスタマーサービス」の考え方は、国や文化によって異なります。外国人は日本に来ることが多く、接客の丁寧さに驚いているようです。

海外旅行で驚かないように、海外の接客状況をご紹介します。

2-1。アメリカのスーパーマーケットの場合
アメリカは主に車で移動するので、スーパーで買い物をするときは、食材や雑貨を一度に数日間購入します。そのため、レジを通過するのに日本よりも一人当たりの時間がかかり、迅速であることが求められる日本のレジ係に慣れている場合、顧客と店員が長いチャットをしていると少しイライラします。

多くの場合、店員から ”Did you find everything you needed?”

あなたが探していたものを見つけましたか?)尋ねるようです。もちろん、「ああ、ありがとう」で会話を終わらせても大丈夫ですが、日常会話の練習でもあるので、「はい。姪の誕生日会にキャンドルが必要でした。 「次のような返事をしてみませんか?店員さんも会話をつなげてくれると思います」おめでとうございます。あなたは何歳になれますか? 「」

2-2。フランスのアパレルストアの場合
フランスのパリにあるブティックに入ると、他人の家に入るときと同じ気持ちになります。

入店の際は必ずスタッフにご挨拶ください。

Bonjour, Madame (既婚の女性に対して)

Bonjour, Mademoiselle (未婚の女性に対して)

Bonjour, Monsieur (男性に対して)

あなたが挨拶するとき、あなたは礼儀正しいゲストとみなされ、彼らはあなたに丁寧に仕えます。 一方、挨拶をしないと失礼な顧客とみなされ、カスタマーサービスは適切になります。

さらに、他人の家に行って装飾に触れるのは行儀が悪い。 パリのブティックにも同じことが言えます。 洋服や鞄などの展示品は、触らずに手に取ってもらうのがマナーです。 ..

また、日本では商品を見ているとスタッフから声がかかってきますが、パリではここから声をかけないと返事ができないので、積極的に話しましょう。

店を出るときは挨拶が不可欠です。 買い物が楽しかったので、相手に気持ちよく送ってもらいましょう。

Au revoir, Madame (既婚の女性に対して)

Au revoir, Mademoiselle (未婚の女性に対して)

Au revoir, Monsieur (男性に対して)

サービスは日本の店員に期待するものとは全然違うので、これを知っているだけで地域の大きなカルチャーショックを防ぐことができます。

2-3。イギリス料理店向け
外国人観光客は「日本のすべての店でスタッフが丁寧です!」と驚かされることがよくあります。英国では、サービスの質がピンク色であるのが常識です。最善を尽くす店員もいれば、何の努力もしない店員もいます。

ヒントが支払われる米国とは異なり、英国ではチップを支払う必要はありません。質が悪いと感じるサービスについては、チップを渡す必要はありません。頑張ってもチップがもらえる保証がないので、頑張る必要はないと考える店員もいれば、質の高いサービスを提供し、お客さまに喜んでチップをもらうと考える店員もいます。

英国のレストランにお客さんとして行く機会があれば、スタッフのサービスの違いを見て楽しむのも面白いかもしれません。

どうだった?自国と他国では、お客様へのサービスの仕方や考え方に違いがあるのは当然です。外国に行くときは故郷をたどり、外国人を楽しませるときは、外国人のお客様が「同意できない!このサービスはおかしい!」と言う状況に出くわした場合、次のフレーズがあります。異なる文化に対処する1つの方法です。

That’s just how it is here.

日本ではそういうものなんです。

 

Rate article