ラグビーワールドカップでスモールトーク、簡単英語フレーズ15選!

461
Culture

スモールトークが苦手な方も多いと思います。 特に英語に関しては難しいです。
「何も考えられない」「英語が間違っていないのではないかと心配して黙っていた」「何と言えばいいのかわからない」など、実情のある方も多くいらっしゃいます。 「そもそも」。恥ずかしがらず、躊躇せずに自信を持ってコミュニケーションしたい。そんな時は、会話がスムーズにできるように、ちょっとしたトーク素材を用意してください。

そこで、スモールトークのストーリーのひとつとして、ラグビーワールドカップの話題をお勧めしたいと思います。 2019年のワールドカップでは、日本の大成功が話題になりました。 また、日本でのトーナメント運営とスピリット世界中から注目を集めているワールドカップなので、ちょっとしたお話をするのにいい場所です。
今回は、ラグビーを語るシンプルでシンプルなフレーズをご紹介します。

はじめに ワンポイントアドバイス

日本とは文化的背景の違う人とコミュニケーションをとっているので、マナーがあると思ったほうがいいです。
初めて会うときは、個人的な質問を避け、何に興味があり、何を楽しんでいるかについて話し合ってください。
スモールトークの推奨トピック:
他の国、日本、食べ物、天気、スポーツ、エンターテインメント

推奨されないトピック:
他人の宗教、政治、プライバシー(突然他人の年齢を尋ねる、結婚や家族を持つ、肌の色や体に触れる)

1.話すきっかけづくりのフレーズ

Have you watched the Rugby World Cup game?
ラグビーのワールドアップマッチですか?

The World Cup made me a rugby fan.
今回のトーナメントのボーナスとして、ご不便をおかけして申し訳ございません。

Whom do you support?
あなたはどのサポーターですか?

You know the meaning of Haka?
(オールブラックスの)ハカの意味を知っていますか?

I was touched by the Canadian team.
They helped repair the damage done by Typhoon Hagibis.

カナダチームが台風19号(ハギビス)の被災地で清掃ボランティアに参加していただいたことに感動しました。

2.試合の内容について

The Japanese team was amazing!
日本は好調でした。

Japan came so close!
日本は後悔のテーブルでした。

Tanaka’s pass was impressive!!
田中のパスはすごかった! !!

The All Blacks showed respect.
They bowed to the Japanese crowd after the match.
オールブラックスの試合後、お辞儀をしてとても嬉しかったです。

3.スモールトークを終える

フレーズを使用して、突然会話を終了せずに会話を終了することをお勧めします。

OK. I’ll talk to you later.
後で話そう。

It was nice talking with you.
話すのは楽しかったです。

I hope we get a chance to talk again.
またお話しする機会があればと思います。

4.応用編 「番狂わせ」を使ったフレーズ

ワールドカップで一言気づきました。 彼がチャンピオンシップ候補のアイルランドを破ったとき、彼は「大きな動揺」という表現を使用し、海外のメディアは日本の成功を賞賛しました。 「動揺」の最も一般的に使用される表現は「動揺」です。 」は形容詞「怒り、動揺」としてよく使われますが、動詞「裏返し」や名詞「敗北、動揺」の意味もありますので、この機会にぜひご利用ください。 使ってみよう。

England upsets New Zealand in stunner.
イングランドはショックでニュージーランドを破った。

Japan’s win was called the biggest upset in rugby union history.
日本の勝利はラグビー史上最大の混乱であると言われていました。

Japan stun Ireland 19-12 in Rugby World Cup upset. −The Irish Timesより

日本はラグビーワールドカップの混乱でアイルランドを驚かせた。

どう思いました? 本日は、ラグビーワールドカップをきっかけに、会話に使えるフレーズをご紹介しました。 これらのフレーズは、ラグビー以外のスポーツでも使用できます。
日本を訪れた外国人に手を差し伸べる勇気を持ちましょう。 おもてなしの第一歩でもあります。

Rate article