スポーツで外国人と仲良くなる。絶対使う英語の掛け声37

474 870x400
Culture

学生時代に留学した人の中には、「サッカーをすると周りの人が興味を持って、すぐに親しくなった」と言う人もいました。私自身もまったく同じ経験をしています。このように、スポーツはあなたと異文化の人々との距離を短時間で縮めることができる場所になり得ます。

飛び込んで参加できるチームスポーツといえば、サッカー、フットサル、バスケットボールがあります。私がバスケットボールをするために公園に行くとき、外国人が遊んでいます。これを人数と組み合わせると、3対3で行うことができます。フットサルをしていると、外国人がチームにいることに気づきました…そんな場合、いつものように英語が話せれば、外国人とのチームプレーはさらに盛り上がります。

そこで今回は、ゲームや練習でいつも使うシャウトフレーズと、バスケットボールやサッカーで使うユニークなフレーズをお教えします。また、チームの分割方法や、1回目の攻撃と2回目の攻撃の海外スタイルの決定方法についても紹介します。ぜひご活用ください。

1. 試合中の情報交換

チームプレーの最も良い部分は、試合中に情報を交換することです! “私は自由だ!” 「後ろから来た!」 次のフレーズを使用して、チームメイトの第三の目となります。

I’m wide open! / Toshi is wide open!

(こっちは)ガラ空きだ! / トシが空いてる!

Over here!

空いてるよ!

Watch out for number 10.

10番に気をつけろ。

Is anyone marking number 8!?

誰か8番マークしてないの!?

Behind you!

後ろから来てるよ!

We’ve got 6 minutes to go!

あと6分!

2. 指示

“合格!” 「一輝に行く!」 次のフレーズを使用して、命令された動きをします。

Pass it over here!

ここを通過してください!

Pass it backwards!

ボールを後ろに置いてください!

Go all the way down!

(パスを差し上げますので)みんな上がります!

Move forward!

前進!

Get back in position!

ポジションに戻って!

Go for it!

(シュート)ヒット!

3. 叱咤激励

“素晴らしい!” 「ボールをきちんと見てください!」 “美味しい!” プレーの成功または失敗についてフィードバックを与えることも重要です。 次のフレーズを使用して、仲間に刺激を与えます。

Way to Go!

素晴らしい!

High five! / Give me high five!

ハイタッチ!

Watch the ball!

ボールをよく見てください!

Pull yourself together!

しっかりしろ!落ち着け!

Almost! / That was close!

おしい!

It was a good idea! / This is the spirit!

い い よ い い よ 、 ド ン マ イ!

We’ll get him back in the second half.

後半で巻き返そう。

4. 怪我・疲れの対処

チームメイトの顔の倦怠感の色。 落ちて打った膝からの血。 このような場合は、以下のフレーズを使用してください。

Time out!

時間!

You’re bleeding. / He’s bleeding.

私は(他の人に対して)出血しています。 /(彼の彼女)は出血しています。

Don’t push yourself too much.

そんなにできません。

Are you sure you’re OK?

本当にだいじょうぶ?

She’s injured!

(彼女は)怪我してるよ!

I think I stretched it.

(自 分 の) ん ざ か も。

(Do you) want to switch? / (Do you) want to trade with someone?

僕 と 交代 す る? / 誰 か と 交代 す る?

Let’s take a break.

ちょっと休もう。

5. 反則のコール

“手!” 「今はファウルだ!」 ファウルがある場合は、すぐに電話する必要があります。 次のフレーズを使用してください。

That was a foul!

今のファウルだよ!

Hey you can’t do that!

それは反則だよ!

That’s not cool.

それは良くありません(ファウルプレイのプレイに対して)。

Be careful, all right?

気を付けてよ。

Hand ball! / That was a hand!

手(サッカー/フットサル)! /現在の手です!

6. バスケットボール特有の掛け声

バスケットボールはすべてのスポーツの中で最も声高だと思います。 次のフレーズは、特にストリートバスケットボールでよく使用されます。

Rebound!

リバウンド取れ!

Air ball!

(相手チームのシュートがバックボードにもリングにも触れずに外れた場合にからかうために叫ぶ)

Rejected!

(チームメイトのディフェンスが空中で相手チームのショットを止めたとき[漫画のスラムダンクの「ハエたたき」が成功したとき]、相手をからかうために叫ぶ)

Go for a three!

スリーポイントシュートを狙え!

You’re on fire!

私はノックしています(連続して多くのポイントを獲得した対戦相手に対して)!

7. 海外式の試合前の儀式

チーム分けや先攻・後攻を決める時は普段、どうしていますか?試合前にはじゃんけんやグーパーという日本式の儀式がありますよね。海外で一般的な儀式は異なります。

7-1. チーム分けの儀式 “Shirts and Skins”
参加者が全員男性の場合に限りますが、ゼッケンがなくてもできるチーム分けの方法があります。Shirts and skinsという方法で、

・Shirtsは服を着ているチーム
・Skinsは上半身裸のチームです。

以下の手順に従って、チームを分割します。

参加者のうち2人がキャプテンに立候補します(通常、グループ内の1人または2人のリーダーなので、簡単に決めることができます)。
キャプテンが欲しい人(良さそうな人)を順番に選びます。
チームが完成したら、キャプテンはどちらのチームがシャツまたはスキンになるかについて話し合います。 (ほとんどの場合、そのうちの1人は「それならこれは Skinsになるよ」と申し出て、すぐに決まります)

7-2. 先攻・後攻を決める儀式 “Heads or tails”

サッカーの試合を観戦するとき、審判と各チームの代表者がコイントスをして、試合が始まる前に最初にキックオフするチームを決定しますよね? この儀式の名前はコイントスですが、実際に行うときに使用される英語方法を見てみましょう。 それは彼の頭か尻尾です。 頭はコインの表側を指し、尾はコインの裏側を指します。

審判、またはどちらかのキャプテンは、右手でコインを投げます。
落下したコインを左手の後ろに置き、同時に右手で覆います。
コインを投げた人は、自分が頭か尾か、そして船長の一人かと尋ねました。I call heads または I call tailsと答えます。

勝った人が最初にキックオフの権利を取得します。

気が変わって、たまに海外の儀式をやってみませんか? 今回紹介した英語をスポーツで体を動かしながら叫ぶのは、動きやシーン、言葉が合っているので覚えやすいです。 使ってみると、試合中に出てくる言葉が英語になるという不思議な感覚を味わうことができます。

Rate article