ベルリッツ英会話体験記 ①いざ体験レッスン!

514 870x400
English Training

英会話学校、第一歩、ひるんでみませんか?
私は英語が話せないので行きますが、英語が話せないのでがっかりしています。 トライアルレッスンでも。 ….私はそのような人の一人です。
実は、私は今年の4月にベルリッツにいます。 自分の部署で英語が必要ないので安心したら、まったく違います! さすがに危機感が高まり、「これは良くない」ということで、自分でレッスンを受けることにしました。まずはトライアルレッスンを受講しました!

 

聞くことから始める

日本人カウンセラーによるヒアリング ~ 20分くらい

「なぜ今英語を学び始めたのですか?」 「英語を学んだ後、何をしたいですか?」
質問をすることで、英語の必要性と目標設定が再び明らかになります。
どういうわけか、英語力が苦手だと感じましたが、今では言葉にできます。

そして、「大津!」と思った質問。
「レッスンを受けるだけでなく、復習する時間もあります。
毎日英語を勉強する時間は3分ありますか? 「」

「毎日?」でも「1日3分?」
3分で大丈夫ですか? 思わず「3分だったら」と答えました。
次に、「いつ入手できますか?」
「むむむ」になりながら、具体的に自分の人生を想像し、「朝一番」と言いました。

当時はそれほど重要ではないと感じていましたが、後で振り返ってみると徐々にうまくいきます。
翌朝から自分の言葉で自分の生活に取り入れることで気付くパワー質問。
そして最後に「お楽しみください」という言葉で、トライアルレッスン

515

外国人教師による語学力診断 ⇒ 体験レッスン ~ 40分くらい

簡単な紹介から

 

アメリカ人の先生は「こんにちは」で明るく見えます。
微笑むのは少し安心ですが、自己紹介は難しいです! !! !!
故郷を知らない先生にその場所を説明しようとしたのですが、「本州の西」とは? 「中国山地を越えて」? あなたは何を言っていますか? ??

とにかく、私は少し会話をすることはできません…
言葉を列挙するだけのつまらない会話にもかかわらず、意図を掴もうとする先生の表情に勇気づけられながら、とにかく知っている言葉を引き出し続け、自己紹介の時間は終わりました。 …。

ついに言語能力診断が始まりました

簡単な質問(この写真には何人いますか?)から始まり、写真を見ると次第に難しい質問になります。
時制をチェックしていますか、それとも完璧な形をチェックしていますか?または、机の上で何を学んだのだろうか。しかし、私は話すことができません。 .. ..急いでいたので、これはまた終わりました。
「知っている」と「できる」の基本が違うことに改めて気づきました。この段階では、「知っている」というよりも、「聞いたことがあるような気がします」。 …。

緊張感を持ってトライアルレッスンに参加

まず、トライアルレッスンで何をしたいのか聞いてきます。一般英語とビジネス英語のどちらが好きですか?大変なのでビジネス英語が欲しいです。
これまでお話しした仕事の内容をもとに、テキストで目標を設定しました
「英語の同僚にマーケティングの最新情報を提供する」として手配し、設定しました。

今日のトライアルレッスンでは、そんなフレーズを拾いました。

How’s the project going? (プロジェクトの進捗状況はどうですか?)

We are behind schedule. (予定より遅れています。)
※behind を ahead of / on に変えて使える

We will meet the deadline . (締め切りに間に合いそうです。)
※meet を miss に変えて使える

私の反応を見ながら、テーマを広げ、ビジネスならではの表現を教えてくれます。

忘れていた遠い記憶を目覚めさせ、言葉として知っているシンプルな言葉、職場での会話として一言を集め、久しぶりの学びの気持ちが新鮮! 長い間休んでいた脳が音を立て始めたという刺激に気づきました。

は先生からのフィードバックです

とにかく、自信が必要でした…

516

日本人カウンセラーによるフィードバックと提案 ~ 30分くらい

日本のカウンセラーからのより多くのフィードバック

自信の欠如、流暢さの挑戦、そして教師が私に言ったアウトプットの機会の欠如。そして語彙は少ないです。 ……。

最初は、新しい知識を導入するのではなく、ずっと昔に触れられていた英語を徐々に目覚めさせることが重要です。レビューに関しては、教材には独学のツールがありますが、私の生活の状態から、取り入れやすい学習の提案が2つあります。

1日2〜3分のアドバイスと明日から一言。

①レッスン前に登場した1日3分
今日学んだフレーズを3分間声に出してツイートします。口を開けて出てきたかのように、つぶやくだけ。それが私がそれを自分のものにする方法です。

②1日1回カレンダーに単語や表現を書く
街で見かける人、感じる風景、聞こえる音、覚えているシーンなど、小さなことを英語で表現する方法を思い出して(研究)、カレンダーに書いてください。
毎日1つ。月に30。これは良い数字です。

目標を達成するために必要なレッスンとスタイルの数に関する提案
あなたはどのレベルになりたいですか、そしてあなたはそれをするために何回のレッスンが必要ですか?また、マンツーマン、グループ、通学、オンラインなどのレッスンスタイルについての希望を確認してください。自分の「未来」についての提案を受けて終了しました。

[トライアルレッスンを受ける….. ..]
とにかく緊張して90分。しかし、レッスンは楽しかったです。
・テーマは私の作品に合わせて設定しました。
・乱雑な英語に我慢する。と、
・この発話を促すヒントや励ましで、思った以上に会話ができました。
先生に感謝します。

コースに関しては、イライラしない合理的な学習方法の提案と、自分の弱点だけでなく一瞬も褒めてくれたカウンセラーの言葉に動機付けられました(嬉しいです!)。

私はいつも話したいと思っていましたが、それを学びませんでした。プレッシャーにさらされて、「今回は!」と思っています。
英語力でオンラインで上手くコミュニケーションできるのではないかと心配だったので、対面レッスンをすることにしました(現時点ではオンラインでも選べます)。最初に始めましょう!

次回からは、レッスンで学んだフレーズを紹介します。

Rate article