奥様海外駐在体験談シリーズ:ホーチミン編

531 785x400
生活

夫が海外赴任で急に海外に住むことになった場合はどうしますか? 「どんな国に滞在しているの?」など、いろいろな不安を感じるかもしれません。 そして「私はどんな生活を送るべきですか?」 「」

このような問題を解決するために、実際に夫の海外赴任に伴う「妻の海外駐在員体験物語」シリーズで、海外生活を体験した妻の体験をお届けします。 ..

◆この妻◆
沙織(仮名)
割り当て国:ホーチミン(ベトナム)
期間:2009年3月-2013年9月
家族:夫、息子(当時6歳)

1. 充実していた北海道での暮らしに突然の別れ…

当時、沙織は札幌で充実した生活を送っていました。正直、土木会社に勤める夫の転勤でベトナム駐在が決まったのはショックだった。

「北海道が大好きで、友情に恵まれていたので、そこを離れる孤独はとても強かったです。」

就職後は息子の学校選び、予防接種、引っ越しの準備で忙しかったので、後悔することなくベトナムに住み始めました。

私は夫に住む場所を決めてもらい、ホーチミン市の中心部近くの住宅に泊まりました。光熱費が日本より安く、日本人が多かったので住みやすかったです。息子はすぐにインターナショナルスクールの環境に慣れることができ、日本を離れたときの名前と年齢を言うのに十分な英語力が半年で毎日会話できるようになりました。 。

「息子は友達と遊んでいたので、自然に英語を話すことができました。読書のために、私は1年間勉強するために家庭教師を雇いました」とSaoriは回想します。

2. 引っ越しを機に、生活はより快適なものに

比較的順調なスタートでしたが、一方で、車の騒音や排気ガスなど、都心特有の問題も抱えていました。また、建物は息子が通っていた学校から遠く離れていて、公共交通機関が利用できなかったため、毎日の送迎が非常に困難でした。

そこで沙織は引っ越すことにした。夫の会社に住む場所を見つけることができたが、沙織は自分の足で住みたいアパートを探し、家主と交渉し、最終契約はベトナムの会社員に任せた。それは正しい。
私が手に入れた新しい家は学校のすぐ隣にあります。都心とは異なり、静かで緑に囲まれ、夜は星空が広がり、まるでリゾートのようです。交通機関のストレスから解放され、学校のボランティア活動に積極的に参加するようになりました。

「一番良かったのは、近所にクラスメートの家族がたくさん住んでいて、お互いの家の間を行ったり来たりして遊ぶことができたということです。」
さらに、沙織自身は、日本のコミュニティに固執することなく、学校でお母さんと連絡を取り合うように努めました。

「日本人の妻の社会は、新入社員の職種によっては暗黙のクラスがあると聞いたので、深く入り込まないようにしました。彼との関係のおかげで、帰国後もとても良い友達です。日本へ。」

529

3. メイドさんに要注意?

あなたがアジアに駐在している場合、家事と子供たちの世話をするメイドを雇うことになります。 日本の家族は地元のメイドのために働くのに人気のある場所のようです。

「その理由は、日本人は欧米人よりも要求が少なく、文句を言わないので簡単です。誰もが日本人の家族で働きたいので、人的資源を気にする必要がありませんでした。」

一方で、「お金を出せば家事や育児はお任せできる」とは言えず、思いがけないトラブルを抱えるメイドもいます。 実は、沙織さんは雇われたメイドから物を盗んでお金を貸してくれるように頼まれました。

「メイドさんを雇ったので、醤油の量が急減しました(笑)。朝帰りよりも家に帰った方が荷物が多かったのが大胆です…。 「台風で家が破壊されたので、修理費を貸してほしい」と語った。

4. スーパーメイドとの出会い

それで、あなたがあなたのメイドに問題があるならば、あなたは何をすべきですか?沙織は「メイドを変える」と一気に言う。

「メイドさんは簡単に交換できますのでご安心ください。気に入らないものや自分に合わないと思うものがある場合は、我慢せずに他のメイドさんに聞いてみてください。」
そして、メイドを変えることで、沙織はとても才能のあるスーパーメイドに会うことができました。
☆スーパーメイドのすごい所☆

・メイドは清掃サービスよりはるかに優れています。
・家に帰って座るとすぐに食事ができました。それは非常に迅速に動作します。
・日本料理も洋食も本当に素晴らしく、専属シェフのような気がします。野菜、肉、魚の栄養バランスは適切であると考えられており、調味料も日本の味です。
・気分が悪い時はお粥を作ったり、プリンやケーキをデザートに焼いたりしていました。良いケアとケア。

NS…。信頼できる「スーパーメイド」の存在もあって、安心して海外駐在員生活を楽しんだと沙織さん。

それで、良いメイドに会うためのいくつかのヒントとコツは何ですか?沙織はこう話しました。
日本の家族で働いたことのあるメイドさんをお勧めします。日本人ならではの気持ちがわかるので、習慣や価値観の違いによるストレスが大幅に軽減されました。それでは、知人に紹介します。知人とのつながりだと、メイドさんが悪いことをするのは難しいです(笑)。また、弱点だけをメイドに頼む日本人のお母さんもいました。 「」

海外での生活では、生活だけでなくメイドもお金を払っても安心しないので、自分で決めて選ぶことが大事だと思います。

530

5. 成り行きに任せず、自分で道を切り拓こう!

沙織は4年半海外に住んだ後、帰国した。彼は自分の成長について話します。
「母親として、心身ともに強くなり、帰国後もトラブルはありませんでした(笑)。英語が苦手で、日常会話もほとんどできませんでしたが、参加することで、英語力だけでなく、異文化でのコミュニケーション能力も向上したと思います。」

ベトナムに行く前は、日本を離れることができず、大変な苦労をしていましたが、さおりさんは、また海外に住みたいと思ったのはとてもいい経験だったことを思い出します!彼女がついに海外での生活の素晴らしいことを聞いたとき、

「息子が学校生活を楽しんでいたのが一番良かったです。友達や家族と友達になり、他国の人の温もりを感じることができました。帰国したときは涙が出ました。別れた後の悲しい子供たち。また、東南アジアは近隣諸国に行きやすいので、長い休暇でシンガポールやバンコクに旅行できるのは良い思い出です。すべてを自分で選んで前向きに行動すれば、きっと充実した人生」と笑顔で答えた。

Rate article